雨の日はバイクが滑るから怖い!滑らない方法はあるのか?

雨の日のバイク走行程、不快で危険なものはないですよね。

シールドは曇るし(筆者のシールドはピンロックでは無いのです、)道路上の滑るポイントに気をつかいながら走行しなければいけないので、神経をつかいます。

筆者は元々雨の日の走行は好きな方でしたが、今年の梅雨の雨の降り方に辟易し、少し嫌いになってしまいました。

雨の日で一番気を使うポイントは、タイヤのスリップではないでしょうか。雨の日の走行で濡れたマンホールや白線にひやっとさせられた方は少なくないと思います。

スリップする原因やメカニズムを知ると、雨の日の走行が大分楽になりますので初心者の方はもちろん、ベテランの方も是非ご覧下さい。

雨の日にバイクが滑らない方法

画像引用:バイクを雨の日に走らせるときの注意点。便利な雨用アイテムも | LOOHCS

バイクは二輪車の特性上、非常にスリップしやすい乗り物です。スリップする原因は、タイヤと路面の接地面積が小さい事が一番の理由ですが、雨が降って路面が濡れると路面の摩擦係数が下がる為、さらに状況が悪化します。

バイクが滑らなくなる方法を何点かご紹介します。

ABSやトラクションコントロール搭載のバイクに乗る

近年の電子制御デバイスの進化により、雨の日のスリップは格段に減りました。これはライダー観点からみても、素晴らしい進化と言えるのではないでしょうか。雨の日にスリップが起こらないデバイスを何点かご紹介します。

  • ABS(アンチブレーキロックシステム)

この機構はご存知の方も多いと思います。断続的に(ブレーキON〜ブレーキOFF)を繰り返す事でブレーキのロックを防ぐシステムです。

雨の日の走行においても効果は絶大で、フルブレーキングでもブレーキロックを防いでくれます。

  • トラクションコントロール

発進時やアクセルが大きかった場合、コンピュータ自動的に制御しホイールの空転を防いでくれる機構です。スポーツバイクに搭載されている事が多く、様々な出力モードに変更する事ができます。雨の日用に出力を抑えた(レインモード)もあり、路面が濡れた状態でも安心して走行する事ができます。

丁寧に走行する

この方法が一番重要です。雨の日の走行は非常にデリケートな為、総ての操作において慎重さが求められます。

アクセル操作一つで即スリップに直結しますし、急なブレーキ操作は事故の危険さえ生まれます。

現在は様々なデバイスでライダーが保護されていますが、基本操作をおこたっては本末転倒です。アクセルやブレーキ操作もう一度見直してみてはいかがでしょうか。

バイクが滑る原因

バイクが滑ってしまう原因は、物理的な要因が大きいと思われます。スリップを起こす原因をピックアップします。

道路上で滑りやすい箇所(マンホール、白線)の上の走行

雨の日のマンホールや白線の怖さを知っていますか?

雨の日においてマンホールや白線上を走行する事は、氷上を走ってると言っても過言では無い程に危険です。

筆者は以前NSR250に乗っている時分に雨降りの中、交差点を左折中、歩道の白線上で必要以上にバンクさせてしまい、コマ回しのように一回転しそうになりました。その時は難を逃れましたが、危うく転倒するところでした。

原因は必要以上にバンクさせてしまった事と、白線への注意の欠如です。白線へ注意がされていないので、バンク角が深くなってしまい、スリップの原因となってしまいました。

急ブレーキやアクセル操作のミス

ブレーキ等の急な操作も厳禁です。

濡れたマンホールや白線上で強めにブレーキをかけると即ロックします。

バイクの接地面積は非常に小さく、すぐにブレーキロックまでの許容範囲を超えてしてしまうので、やはり上記の箇所の上を走行するのは避けなければなりません。

また雨に伴う視界不良等で、前方の道路状況に対する反応が遅くなり、パニックブレーキを起こしてしまう事もあります。

その際もすぐにブレーキロックしてしまうので、非常に危険です。

 滑らせないバイクの乗り方

滑らせないように走行するこつは、物理的な操作であったり、道路上の危険予知によるものが大きいです。該当する項目を何点かピックアップしていきます。

マンホールや白線を意識して走行する

コーナー中はマンホールに最も注意を注がなくてはなりません。

バンク中にマンホールに乗ってしまうと一発でこけます(筆者はこれで一度やらかしています、、)

これらの原因は走行上の情報の読み取り不足にありますが、マンホールは非常に見難い為、見逃してしまう事もあります。

コーナー中のマンホールや白線上を想定して、車体を若干起こし気味にして走行すると安心感が出てくると思います。

コーナー中に車体を起こし気味にするという事は、質然的にスピードを落としてカーブに侵入する事を意味します。

雨の日にカーブにさしかかる時は、十分に減速してから進入して下さい。

アクセル操作やブレーキ操作を丁寧に行う

前述したとおり、アクセルやブレーキ操作を丁寧に行う事によって、スリップを未然に防ぐ事ができます。

現在の大型バイクの馬力はすさまじく、10年前のスペックと比べても怖いほどに上昇しています。

電子デバイスが発達したとはいえ、ラフなアクセル、ブレーキ操作は危険です。

スムーズに操作できる方法をお教えします。

アクセル操作は握り方を変える事で段違いにスムーズになります。

アクセルは棒をつかむように握るのでは無く、ドアノブを回すように握ります。

つかむのでは無く、ドアノブを回すような感覚です。

ブレーキ操作はガツンとかけるのでは無く、握り込むようにかけていきます。最初は柔らかく、徐々に強く握り込んでいきます。

雨の日ですと前後に同時にかけた方が車体が安定し、ロックが起きづらいので、高い制動力を発揮する事が可能です。

簡単な事ですが、これだけでも操作性は非常に良くなります。是非お試しください。

失敗しないタイヤの選び方

大まかに分けて、バイク用のタイヤはツーリング仕様とサーキット走行用の二種類があります。

ツーリング仕様タイヤ

溝が多く刻まれている為排水性が良く、ドライやウエット等の路面状況を選ばず走行ができます。ただグリップ性能はサーキット仕様のタイヤには及びません。

サーキット仕様タイヤ

 俗にハイグリップタイヤと呼ばれ、限界でのグリップ性能はツーリングタイヤを大きく凌ぎます。

しかしグリップ重視な為、排水用の溝が少なく雨天時でのグリップ性能はツーリング用タイヤには及びません。

このようにタイヤの種類で分けても、雨天時の性能は大きく異なります。雨天時のグリップを意識するならば、溝が多く刻まれいるツーリング用のタイヤを強くおすすめします。

滑ってしまった時の対処法

仮に濡れたマンホールや白線を走行してしまい、スリップしてまった場合はすぐにブレーキを離して下さい。そうするとグリップが戻るので運が良ければ、転倒を回避する事ができます。

  • フロントタイヤがスリップした場合は対処方が無く、転倒してしまう可能性が非常に高いです。
  • リアタイヤスリップした場合は前述の対処方で、転倒を逃れられる可能性があります。 

前後どちらのタイヤが滑るかによって、対処方法が異なります。前述のとおり、フロントタイヤのスリップについては非常に危険な為、最善の注意払ってください。

いずれにしても雨の日の走行において、急発進、急ブレーキは厳禁です。また路面状況を判断し滑りやすい所の上は避けて走行する等、スリップしないように走行する事を心がけましょう。

もしも転倒してしまったら

十分に注意している状況でも突然のアクシデントにより転倒してしまう事もあります。転倒後の対応については色々な状況が想定されるので、基本的な対応について記述します。

  1. 周囲の状況を良くみて、周辺に走行車両がいないか確認します。
    特に後続車両が大変危険なので、来ていないか確認をします。
  2. 車両火災を防ぐ為、バイクのキルスイッチをオフにします。
    電源をオフにしないと配線がショートする可能性があるので、必ず行います。ガソリンが漏れ出ている場合は、最悪引火の恐れもあります。注意しましょう。
  3. 車体を起こし路肩に止めます。
    車体が破損している場合もあるので、注意しながら起こします。

雨につよいバイク

在普及しているバイクの中で、最も雨に強いものといえば三輪バイクではないでしょうか。

雨天時の走行も二輪車と比べると圧倒的に強く、抜群の安定感を誇ります。

路面に左右されない走破性を持っていますので、雨天時の走行が多い方には一番おすすめできます。

また装備の面では、大型のカウリング等を装備している車両の方が雨風をあまり受けないので、視界等確保の面で有利です。

ABSやトラクションコントロールを搭載している車両も、雨天時の走行を手助けしてくれるデバイスなので検討する項目に入れても良いと思います。

走行しやすくなってきています。その恩恵を多分に感じられるのではないでしょうか。イテクデバイスのおかげで雨の日の走行も、以前と比べ格段に安全なものになってきています。


雨の日の走行において重要な事は

  • マンホール、白線等を意識して走行する!
  • とにかく丁寧な運転を心がける!
  • スリップしてしまったらブレーキを戻す!

この二点を守って走行すればスリップによる転倒を未然に防ぐ事ができます。

また購入段階でABS、トラクションコントロールを搭載されているものを検討するのも一つの手だと思います。

三輪バイクは雨に対して絶対的な性能を誇りますが、従来の二輪車とは根本的に異なる為、導入するにはよくご検討頂いた方が良いかもしれません。

夏本番で雨が恋しくなりますが、不意の雨でも安全に走行できるよう当記事をご活用下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました