ハーレーのバッテリー交換時期は?ぶっちゃけた話!

バイクに欠かせないバッテリー。もちろんハーレーにも付いています。

今回はハーレーのバッテリーの交換時期っていつなの?乗る頻度によってバッテリーの寿命は変わるのか。交換にかかる費用や純正、社外バッテリーの選び方。

もし急にバッテリーが上がった時の対処法などを解説していきます。

ぶっちゃけハーレーのバッテリー交換時期

ハーレーのバッテリーの寿命は、長くて5年

乗り方が良ければ、というところがポイントで、簡単にいうとバッテリーに優しくすれば長持ちするということです。バッテリーメーカー側の説明としては2〜3年で交換が必要と書いてある場合もありますが、乗り方が良ければ純正のバッテリーで4〜5年は持ちます。

バッテリーの中に常に一定量以上の電気があることでバッテリーの劣化は遅くなり、寿命は長くなります。

逆にバッテリーが少ない状態やバッテリー上がりを繰り返すとバッテリーは劣化が早く進み、寿命も短くなってしまいます。

バッテリーは自然放電してしまうので長期間乗らずに保管しているとバッテリー上がりを起こす場合があります。そして一度バッテリー上がりを起こしたバッテリーはまたバッテリー上がりを起こしやすくなります。

長期間乗らないことが予想される場合はバイクからバッテリーを外して置きましょう。

それかバッテリーチャージャーを使用して常に充電しておく手もありです。

最近のハーレーの純正品バッテリーは密閉式MF(メンテナンスフリー)型になっていて、文字通り密閉されているので中が見えません。

中が見えないことによってバッテリーの寿命が予測しづらくなりました。

それに加えてMF型バッテリーは突然切れる場合が多く、ライトが暗くなったりセルが重くなるという前兆がないのでバッテリーの切れどきの判断が難しいということです。

バッテリーは走行することによって充電されますが、ハーレーの場合他のバイクよりも長く、ある程度スピードを出して走行しないと充電が増えません。定期的なツーリングをしましょう。

どのくらいの頻度で乗るのがベスト!?

ハーレーのバッテリーを長持ちさせるなら乗らないより乗った方が長持ちさせることができます。

これはバイクや車のバッテリーに共通する事で、バッテリーは走行によって充電されていくので、バッテリーに電気がある状態を保つには運転が欠かせません。

毎日乗っている場合でも1回の走行が短い場合、10分程度の走行が1日に複数回ある場合はバッテリーの充電が増えません。

なので出来れば少し長めに、50km以上のツーリングを週一回は行えればバッテリーに良いと言えるでしょう。

これが出来ない場合は、バッテリーチャージャーでバッテリーを充電させておけば長持ちさせることができます。

バッテリーチャージャーはハーレー純正品で11,000円ほど、社外製品で6000円ほどです。

ハーレーはバッテリーが上がりやすいバイクとされているので一つ持っておくと便利です。

費用はどのくらい?

ハーレーのバッテリー交換の費用は大体2万円後半からから5万円までになります。

ハーレーの車体のパーツは純正品も社外品も普通のバイクより高額です。

フェンダーもフロントだけ5万円超えるものや、リアブレーキペダルも3万円代からのものが多く、ホイールはセットで20万円を超えるものもあります。

もう一度確認します。ハーレーのパーツは高いです。

そんな中、バッテリーは他のパーツと比べてまだ良心的な価格ですね。

まずバッテリー本体は、純正の場合ででほとんど2万円台で、ツーリスト系のバッテリーだけは3万円台のものがありますが、こう考えるとハーレーは純正バッテリーに関しては他の有名メーカーのパーツより安く交換できますね。

交換するなら純正か純正以外か

ハーレーのバッテリーには純正品と他の会社が作った社外品があります。

答えを先に言ってしまうと純正品を選ぶのが正解です。

それはなぜでしょうか?

1番に言えるのは純正品はハーレーに合った設計をされているからです。

ハーレーの魅力の中でも特徴的なのがあのエンジンの強い振動です。純正品のバッテリーはその振動を受け続けても壊れにくいように設計されています。

それに加えてAGM(Absorbed Glass Mat)というバッテリー液をグラスファイバーに染み込ませる方式を採用していて、自然放電率が下がり、バッテリー上がりの心配がかなり抑えられます。

対して社外品でも同様の機能を備えたバッテリーもあります。

それがWESTCOです。

純正品と同じ工場で生産されていて、純正品と同じくAMGを採用、違うのは外側だけという事です。

その他デイトナやユアサ、スーパーナットというメーカーからもハーレー専用のバッテリーが発売されていて、どの製品も振動のことは考えて作ってあると思われます。

社外品のバッテリーの場合は安いものでは1万円以下から購入が可能です。

それでも純正品を選ぶ人が多いのは、やはり安定性でしょう。

純正品のバッテリーがハーレーと一番相性が良いのは当たり前です。長い目で見れば純正品を買っておいた方が良いでしょう。

車種によって交換時期に違いはあるのか!?

ハーレーでも車種によっての交換時期が変わるという話を聞いたことがありませんか?

私も耳にしたことがありますが、これは基本的に無いと言えます。

基本的に、というのは車種によって若干の差はあるかも知れません。と言ってもハーレーは基本的にどの車種もパワーがあり、バッテリーにかかる負荷としてはあまり変わらないと言えます。

急にバッテリーが上がったときの対処法は?

急にバッテリーが上がってしまった時は充電が必要です。しかしイカついハーレー乗りのために止まってくれる見ず知らずの車がいるでしょうか?

人の少ない場所や、高速でそんなことが起きればロードサービスを呼ぶ他なくなります。

そんな時のためにジャンプスターターを用意して置きましょう。

ジャンプスターターはバイク版のパワーバンクと言って良いでしょう。サイズもスマートフォンのパワーバンクと同じくらいのサイズで持ち運びしやすいです。

運転するときに常に携帯しておけば、バッテリーが上がったときにすぐ対処ができるのでとても便利です。


ハーレーのバッテリーの寿命は長くても5年ほど。交換期間は3年〜5年です。

乗り方に気をつければ5年持つこともありますが、MF型のバッテリーはいきなり上がる可能性があるので気を付けましょう。

バッテリーは社外品より純正品がオススメです。

今回はハーレーのバッテリー交換時期、費用や純正品と社外品についても紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました