大型バイクの維持費!なにも知らないと大変なことに! | YABAIBAIKU

大型バイクの維持費!なにも知らないと大変なことに!

そろそろ憧れの大型バイクに乗りたいなぁとおもいませんか?いざ免許をとっても、購入の一歩が踏み出せませんよね。

大型バイクは車体価格もそうですが、中型バイク以上に維持費が掛かってしまいます。何も知らずに乗り換えてしまうのは危険です。

「大型バイクって思ったよりかかるなぁ…」と後悔してしまうかもしれません。

維持するためには税金や消耗品など、いろいろお金がかかってきます。

維持費の正しい知識をもって乗り換えましょう。

大型バイクの維持費

まずは、大型バイクの維持費を見ていきましょう。税金のほかにもいろいろとかかってしまいます。

軽自動車税

軽自動車税は、毎年4月後半ごろに家に届く納税所で納税する人が多いのではないでしょうか。4月1日にバイクの所有者だった場合、支払い義務が発生します。

大型バイクの軽自動車税は、年額6000円です。ちなみに、250ccまでのバイクは、年額3600円と、割安です。

重量税

軽自動車税と同じく、税金です。新車購入時、車検時に一年分をまとめて支払います。

重量税は、251ccより大きいバイクは年額1900円です。大型バイクが特別高いということはありません。

自賠責保険(強制保険)

自賠責保険は加入が強制されている保険です。加入しないと罪に問われるため、絶対に加入しましょう。

ほとんどの方は、車検時にほかの支払いと一緒に払うのではないでしょうか。

大型バイクの場合、購入時プラス初回車検時の計5年分で、1年あたり5242円です。

ちなみに250ccのバイクの場合、1年あたり4502円です。

自動車保険(任意保険)

任意保険に関しては、契約している保険会社や補償内容によって変動します。詳しくは保険会社に問い合わせてみましょう。

ある保険会社では、125ccより上か下かで決まっています。

ただ、注意してほしい方がいます。それは、現在125cc以下のバイクに乗っており、ファミリーバイク特約に入っている方です。

原則ファミリーバイク特約は125cc以下のバイクにしか適用できません。

大型バイクに乗り換える場合、個別で任意保険を契約する必要があり、保険料が高くなってしまいます。

車検費用

車検費用は、法定費用(自賠責保険、重量税、印紙代)と、車検基本料金(整備代、車検代行料金など)に分かれます。

法定費用は前述したとおり、大型バイクは少し高くなります。

車検基本料金は、車検を依頼する整備工場によって変わってきます。車検料金を節約したい場合は、ユーザー車検がおすすめです。

ガソリン代

大型バイクは中型バイクに比べ、エンジンが大きく、車体が重い。よって、一般的に大型バイクの方が燃費は悪いでしょう。

しかし、バイクの年式によって変わってきます。

中型バイクでも古ければ20㎞/Lのバイクもあれば、大型でも最新のバイクは、30㎞/L超えのものもあります。

駐車場代

現在住んでおられるマンションの駐輪場が有料の場合、料金がかかります。

現在バイク専用の駐輪場を借りていない方は、その分お金がかかります。ですが、現在の中型バイクを大型バイクに乗り換えるのでしたら、おそらく金額が上がることはないでしょう。

マンションの管理会社に問い合わせてみてください。

街中の駐輪場は場所によりますが、基本的に大型バイクだからと言って追加料金を採られることはありません。

消耗品代(メンテナンス代)

消耗品の金額も、ガソリン代同様、所有している車種によって変わってきます。

ただ、特に小型バイクと比較した際、大型バイクの方がパワーを出さなければいけない分、エンジンの構造が複雑になっています。その分の修理代が多くかかるかもしれません。

大型バイクと中型バイクと小型バイクとの比較

参考サイト

https://zuttoride.jp/column/column/entry-342.html

https://bike.insweb.co.jp/bike-400cc.html

大型バイク、中型バイク、小型バイクの維持費を表にしました。比べてみると、どの項目に差が出るかということが一目瞭然ですね。

税金は中型とさほど変わらない

大型バイクの維持費のうち、税金の割合はほとんど変わりません。

税金は年に一度か支払わないため、あまり気にならないという方も多いのではないでしょうか。

排気量が大きいとオイル交換の頻度が上がる

大型バイクの場合、エンジンの排気量が中型バイクよりも大きいので、オイル交換を頻繁にしなければいけなくなります。

サーキットに行く人の中には、1000㎞で交換するという方もいます。

また、一度に入れるオイルの量も、大型バイクのほうが多いので、一度の交換代金が高くなってしまいます。

タイヤの摩耗頻度があがる

車種や乗り方で変わって来るので一概には言えませんが、大型バイクは中型バイクに比べて、パワーも大きく、 重量も重いので、それを支えるタイヤの減り方は、中型バイクと比べて大きくなってしまいます。

外車になるとさらに維持費が高くなる

外車にあこがれている方もいるでしょう。ハーレーなんかが街中を走っていると思わず振り返ってしまいますよね。

外車はパーツ交換に純正を使用すると、税金の関係で高くなってしまいます。

また、日本車と比べて故障もしやすく、外車を選ぶと維持費がより高くなってしまいます。


トータルで見ると、大型車は中型車に比べて、維持費がかかってしまいます。中には、中型バイクの倍近くかかってしまっているという方もいます。

維持費が上がってしまう事実を知って、躊躇してしまったり、やっぱり辞めようかなと思ったりするかもしれません。ですが、大型バイクには中型バイクにはない魅力があります。

ハイパワーのエンジンで疾走する気持ちよさは、中型バイクにはないものです。

編集長
編集長

お金をためて、いつかあこがれの大型バイクのオーナーになりましょう。

維持費
シェアお願いします❤
YABAIBAIKU

コメント

タイトルとURLをコピーしました