ズーマーから異音! オイル漏れが原因?他の可能性はある?

ズーマーから謎の異音が聞こえてきた?これはオイル漏れしてピストンが焼き付いている音なのか?

それとも他の故障の可能性が?様々な考えられる原因と修理費用の目安について、今回は詳しくお話していきたいと思います!

ズーマーからの異音はオイル漏れが原因か?

ズーマーからの異音については様々な要因が考えられます。

オイル不足によるエンジン内でのピストン作動音や、クランクベアリングの摩耗、ウェイトローラーやクラッチ周りの異常などもあり原因は様々です。

またズーマーはオイルポンプ側に樹脂製のギアを採用しているため、ギア歯の摩耗によりオイルを送れなくなっている状態からのエンジン内でのオイル切れの症状もあります。

このようにズーマーの異音はオイルだけの原因とは限らないので、まずは状況を把握していきましょう。

オイル漏れの箇所が明確でない場合でも、見えにくい場所でオイルの滲みなどがあったりすることもあります。

例えばオイル交換でオイルを抜く際に使うドレンボルトのパッキンの劣化による滲みなども、ズーマーにはよくある症状ですが、このレベルならばすぐに対処できる場合もあります。

異音の種類、発生場所から探る故障箇所

異音の種類や、聞こえてくる場所から故障箇所を予想することもできます。

最も多い「ガラガラ」や「シャー」とラジエター付近から鳴り、回転数に応じる場合はクランク周りが一番怪しくなります。

エンジンの上の方から「カチカチ」音が聞こえる場合はタペット音の場合が多く、酷くなる前に調整が必要になります。

始動前のキーON状態でのカチカチ音は燃料ポンプ作動音ですので大丈夫です。

単純に異音がする、と言ってもエンジンをかけた時なのか、走行中もなのかなど状況で発生する場合はそれを把握していく事も大切です。

エンジンをかけずにセンタースタンドを立て、リアホイールを手で回して「ガラガラ」や「シャー」と音がなればベアリング系の異常だと判明する場合もあります。

異音に気づいたらするべき事

ズーマーからの異音に気づいたら真っ先にエンジンオイルがきちんと適量であるか、また汚れが酷くないかは必ず確認しましょう。

超簡単 ズーマーのオイル交換

オイル切れによる故障が一番最悪の状況に繋がりやすいので、まずは必ずオイルチェックを行ってください。

もしオイルが減っている場合は漏れている箇所がないかの確認を。

他には駆動系周りに異物が挟まっていないかなどの目視での点検も忘れずに。

異物の巻き込みなど単純な原因で解決する場合もありますので、異音が出ても慌てずに一箇所づつ車体をぐるっと回って確認してみましょう。

してはいけない事

異音に気づいたら、絶対に回転数を無理に上げてはいけません。

もしオイル不足によるものだと、最悪焼き付きを起こしてエンジンが掛からなくなる恐れもあります。

他にも駆動系に異物を巻き込んでいたらタイヤがロックしてしまう可能性もありますので、安全を確認できるまではすぐに停車できる速度を保っていきましょう。

修理を急ぎ加速し回転数を上げたりすると、逆に「故障の決定打」になる場合が多いので、異音に慌てず安全の為にも落ち着いて行動しましょう。

修理費用

修理費用については原因によります。

ズーマーのオイル漏れの場合は場所によりますが工賃を含んで1,000円〜15,000円くらいから。

タペット調整だとおおよそ5,000円〜7,000円前後、オイルポンプ交換やクランクベアリング交換などの作業は、ズーマーの場合シリンダー部分だけが外れない特殊構造の為にエンジンを割る必要が出て、工賃がかかり50,000円〜90,000円以上かかる場合が殆どになります。

かかる費用によってはズーマーは中古エンジンへの載せ換えや、車両の買い替えなどの方が安く済む場合もあります。

異音の原因と予算に合わせて、バイク屋さんと相談しながら修理についてはよく検討しましょう。

これについては修理する前に見積もりをバイク屋さんが出してくれると思いますので、それを見て判断すれば良いでしょう。

しかし、実際には開けてみないとわからないと言う事もありますので、修理費の見積もりはあくまでも目安として捉えておいてください。

失敗しないお店の選び方

お店選びでは第一印象を重視してください。話をちゃんと聞いてくれるかが一番大切です。

ディーラー系のお店は部品の供給や知識などで間違いはないのですが、工賃が一律だったり現状が著しく純正と変わっていると最初から取り扱いしてくれない場合もあります。

個人店であっても、最初に相談した際に「よくある症状」として幾つかの要因を挙げてくれたり、経験を感じるお店であれば一番ベストです。

反対にろくに話も聞かず、作業途中の車両が複数放置してあるような個人店だと、手が回っていない可能性があり後回しにされる恐れもあるので避けた方が良いでしょう。

一番最悪なのは見積もりすら出さずに、やってみて終わってから請求しかしないようなお店は避けるべきと言えるでしょう。

店員さんに上手く症状を伝える為には

店員さんに症状を伝えるのには「前提」と「症状」を明確に伝える必要があります。

  • いつ頃から
  • どんな音が
  • どのあたりから
  • どんな時に出ているか

を伝えれば、ある程度の推測から点検をしてくれ特定してもらえます。

その際に明らかなオイル漏れの箇所など、目視でわかるものがあれば一緒に告げておいてください。

購入時の状態やこれまでのメンテナンス状況も、わかる範囲で答えられれば更に原因特定に繋がり易くなります。

異音の音の種類もなんとなくでも伝えられれば判明することもあるので、「ガラガラ」や「カチカチ」などの言い方でも良いので伝えてみてください。

日頃からやっておくべき事

普段のオイル量の点検は必ずやっておきましょう。

またメンテナンスをした時は走行距離や時期をメモなどに控えておき、時期の管理に活用したり、万一の故障時にはお店に伝えられるようにしておきましょう。

空気圧のチェックもですが、水やオイルといった簡単な日常点検をきちんと行うだけでもズーマーのような4ストロークエンジンの寿命はかなり伸びます。

 


ズーマーの異音の原因については幾つかの原因がありますので、一概にオイル漏れだと決め付けることはできませんが、異音を感じたらまずは慌てずに自分で見える範囲の確認をして、その症状を正しくお店の人に伝えられるようにしましょう。

また、そうならない為にも普段からの水やオイルの点検は最低限行って、無理な回転数まで回したりしないようにエンジンを大事にしてあげてください。

ズーマー 修理
YABAIBAIKUをフォローする
YABAIBAIKU

コメント

タイトルとURLをコピーしました