あなたが知らないVespaに関わる10のこと!

Vespaはイタリアのバイクメーカーです。日本ではスクーターが有名ですね。

今回紹介するのはそんなファッショナブルな人に愛されるVespaについて、読者の方が知らないかもしれない10つのことです。

伝統のボディ

1960年代の終わり以来、ベスパは今でも2つのオリジナルフレーム「ベスパノ」(小フレーム)「ベスパネ」(大フレーム)をそのまま使っています。

レーサーを意識した時代もあった

Vespa Sei Giorni 300 HPEは、オフロード競技を含む1951年の6日間のトライアルレースで優勝したスクーターの復刻モデルです。

そう。Vespaにはスポーツモデルも存在するんです。

スピード記録

最速のベスパは、1951年にローマから近くの沿岸の町オスティアへの遠足で時速106.26マイルに達した125ccのミサイルです。最も強力なモデルは、23.8馬力のベスパGTS300です。

実績のあるサスペンション

Vespaのフロントサスペンションは、ピアジオの航空設計から巧妙に採用された初期モデルの1946プロトタイプと同じ設計を今でも維持しています。

電気の未来

最も新しく発表されたVespaは電動モデルです。 全電気式のゼロエミッションモデルは、時速約65kmの最高速度が出ます。

伝説的なVespa50

1996年に発売されたベスパは、伝統的なスチールフレームを備えていますが、オートマチックトランスミッションを備えていました。 ベスパの50周年を記念して、ET50はローマの歴史的中心部で国際的な報道機関に贈られました。

60周年の特別版

Vespaの60周年を祝うために設計された、1946年プロトタイプに触発された特別なGTVシリーズは、クロームハンドルバー、フロントフェンダーのヘッドライト、および2つの独立したシートを備えていました。

先代モデルへのリスペクト

一部のベスパのモデルは、Primavera、Sprint、SixDaysなどの過去のスクーターの車種名から引き継がれ、先代モデルへのリスペクトを表しています。

実は変わっていたサイズ

長年、ベスパスクーターには直径10インチのホイールが装備されていましたが、最新モデルのサイズは実は11インチです。

社会意識

Vespaは、販売されたスクーターごとに150ドルを世界エイズ結核基金(RED)に寄付し、サハラ以南のアフリカで500日以上にわたって効果的に医薬品を提供しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました