ヤマハYZ250F、2021年にエンジン・フレームなど全面リニューアルへ!

ヤマハは、2021年のYZ250Fのエンジンを全面リニューアル、スロットルの反応をより滑らかにし、エンジン出力を向上すると発表しました。エグゾーストカムシャフトに新たなプロフィールを採用、バルブオーバーラップを低減し、ミッドレンジから目盛り一杯までのエンジン出力を最適化。

フロントインレットはリニューアルされ、エアークリーナボックスからインテークファンネルは無くすことにより、さらに滑らかなエンジンへの吸気を実現しました。

Yamaha WR450F 2019 Review

エグゾーストカムシャフトとエアインテークのリニューアルに伴い、排気管も新調です。全長は旧モデルより70mm長くなりましたが、特にエンジンが高回転の領域で滑らかな加速を実現した。同時にクラッチアセンブリも変更し、耐久性を向上、さらにトランスミッション性能を向上させるため、3~5ギヤのインプット/アウトプットシャフトを新たに設計。

フレームにはバイラテラルビームフレームを採用、またトップトリプルクランプ、ハンドルバーマウントなど重要な部品では「剛性」を調整、フロントアクスルはフレームの一部として設計。

KYBフォークおよびリアショックによるサスペンションは、エンジンストロークに合わせた細やかな衝撃の緩和を特徴とし、悪路走行中も安定した走りを実現した。

さらに、「Yamaha Power Tuning」アプリにより、スマートフォンを使用してエンジン性能の特性の微調整が可能。燃料噴射、点火タイミングなど調整ができるように。ハンドルバーにあるボタンを使用して設定を変更することもでき、独自の設定を作り出すことが可能。また、レースログの記録やシステムダイアグ、メンテナンスデータを管理することもできるということです。

バイクのレビュー
YABAIBAIKUをフォローする
YABAIBAIKU

コメント

タイトルとURLをコピーしました