ミシュランデザインチャレンジ最優秀賞の近未来車両がこちら!

フォルクスワーゲンMUTEは、ミシュランデザインチャレンジ2020で2035年を想定に未来のスマートシティにおける車両として最優秀賞を獲得しました。

環境汚染の影響についてより考えられたフォルクスワーゲンMUTEは、もちろん電動で、リモートドライブ機能を装備します。

MUTEの誕生を誕生させるにあたっての目的は、交通手段をそのまま休憩場所のように利用することと、スマートシティのモビリティネットワークを構築することでした。

将来の渋滞を緩和するソリューションも提供します。

実はタコの運動メカニズムを取り入れて制作されたMUTE。

タコの腕と品質を分析し、オブジェクトを掴んで水中を移動できる柔軟性と吸引力を把握しました。

そしてこれらの主な機能はMUTEの主要なメカニズムになったのです。

ユーザーがMUTEを利用したい時はウーバーのように呼び出します。

スマートフォンやスマートデバイスから呼び出せば、この車両は始動し、ユーザーとの待ち合わせ場所にやってきます。

 ユーザーに近づくとすぐに、モジュラーシートを拡張し、歓迎の準備をします。

コンセプトには他のデザインもあり異なるモジュールを組み合わせてユーザーのニーズを満たすことができ、複数のモジュールの融合で完全にカスタマイズされた都市建築を作成できるとのこと。

要するに、このMUTEは走行中以外の時は快適なベンチやシェルターにもなるということです。

近い将来MUTEがトラフィックという単語に新たな意味を与えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました