トルコがフライングカーの世界的リーダーに?航空宇宙技術祭!

Milli Uçan Araba 'Cezeri' Görücüye Çıktı

トルコで初の無人航空機(UAV)バイラクタールtb2’nが製作、発表されました。

建築家でありT3理事会の理事でもあるセルチュクバイラクタール会長は「未来のリーダーが登場しました。我々は空を飛ぶ車の技術でリーダーとなるでしょう。」と発言しました。

トルコの防衛産業の重要な企業の1つであるBaykarのテクニカルマネージャーであり、T3財団の理事会の議長であるセルチュクバイラクタールは、Radio DプログラマーのAdem Metanが発表したAdem Metan Showのゲストでした。

設計者は、トルコは世界的な飛行車技術のリーダーに入ることができると述べました。

防衛産業の変革の始まりに注目して「トルコは世界が失敗した多くのことに挑戦してきました。フライングカーの製作もそのひとつです。今日、15年後のフライングカーの舞台が確立されています。この分野で働く人たちは、明日のプロデューサーになります。しかしこれから制作を始めた人が主役になることはできません」と発言しました。

バイラクタール氏は、自動車の最大の革命は現在のところ電気自動車であるとし 「フライングカーは間もなく登場します。まずは農村部で使用され、その後段階的に私たちの生活に参入します。」 と述べています。

昨年9月に開催されたTEKNOFESTイスタンブール航空宇宙技術祭で、アラブの発明家でサイバネティック分野の創設者とされているエンジニアCezeriと同じ名前のフライングカーもデビューしています。

最大飛行高度が2000メートルで、1時間空中に留まることができるこの車両は、1回の充電で80キロメートルの走行ができるそうです。

バイラクタール氏は「フライングカーは私の子供の頃の夢でした、しかし学校と仕事のために実現が少し遅れてしまいました」と述べました。

UAVを操縦することでその気持ちを感じたことを表現し、「 初飛行はとてもうまくいきました。 離着陸をスムーズにしました。テストの最中 水の中に落ちたこともありますが、とてもいい思い出でした」と笑顔で語りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました