「隼」VS「HONDA RC213V-S」!夏の滑走路レースの栄冠はどちらの手に?

ガイ・マーティンは「ターボ隼」で、マイケル・ラッターは「HONDA RC213V-S」を使って、夏の太陽を最大限に活用し、滑走路を駆け抜けました。

滑走路を時速322km近くで走ることについて、「普通」は誰もが1日を過ごすのに適した方法だとは思いません。

しかし、生垣や村の間を200馬力のスーパーバイクで走ることに人生の大半を費やしてきた場合、その「普通」に当てはまるでしょうか?

動画では、ラッターは「HONDA RC213V-S」に乗って、ガイとマシンについて語り合っている様子が収められています。

HONDA RC213V-S

一方、ガイは彼の最新プロジェクトである800馬力のブーストをかけたスズキ「隼」に乗っており、陸上での最速記録を獲得するために磨きをかけています。

スズキ 隼

走り始めの会話では、ラッターがMotoGP由来の200馬力以上のレースマシンを「125ccのように感じた」と言っているのがはっきりと聞こえてきます。

ガイは独特の言い回しで「ああ、俺はそれをくすぐっただけだ!」と答えました。
滑走路を走った後、バイクを方向転換します。

今度はラッターが先に発進し、ガイが後ろに下がりました。

ガイの目的のために作られたストリームライナーが追いつくのは明らかですが、その速度差がこの動画を驚くべきものにしています。

バイクのレビュー 特別なバイク
YABAIBAIKUをフォローする
YABAIBAIKU

コメント

タイトルとURLをコピーしました