世界の電動スクター(125cc)5台をテストしランク付け!気になる1位は?

ADACは125ccの電動スクーターを5台テストしました。 最高の結果は、最も高価なテストコピーによって提供されました。

電気スクーターほど都市環境にマッチしているものはありません。電動スクーターの売上高は常に増加しています。

このため、ADACは125 ccで運転できる5つのモデルをテストしました。 焦点は、日常の適合性、人間工学、運転および運転特性にありました。

結果は満足のいくものでした。テストしたスクーターのうち2つは問題なく動作し、3つは良好な結果を示しました。

Elektroroller im Test 2020 | ADAC

Silence S01が勝利!

勝者は、テストの最新モデルであるSilence S01(評価値2.2)です。 6,490ユーロ(約78万)のスペインのモデルは、その考え抜かれたコンセプトにより、特に説得力がありました。

90キロメートルのまともな距離を保証する大型バッテリーは、簡単に取り外して輸送できます。

取り外した後、バッテリーをトロリーに持っていき、家やアパートに引き込んで充電できます。

最高の制動距離と加速と航続距離での優れた結果に加え、2つのヘルメットをシート下の収納することができます。

The most brilliant: Silence S01 electric scooter review (English – 4K) – Onroad.bike

続いて、Govecs(ドイツ)のSchwalbePIaggio(イタリア)のVespa Elettricaが、評価値2.5で2位になりました。

どちらも価格はテストの勝者と同じです。 これは、テストで最も高価な3つのモデルが上位3つのランクでも見つかることを意味します。

[GovecsのSchwalbe]

Elektro-Schwalbe im Test von 163 Grad | DDR Kultroller mit E-Antrieb | Govecs E-Schwalbe L1e

[PIaggioのVespa Elettrica]

Vespa Elettrica: Der Piaggio-Kult-Roller wird elektrisch!

ベスパは遅いですが快適

しかし、ベスパは67 km / hの中程度の最高速度と非常に遅い加速にテスターは失望しました。

平均距離(68 km)と永続的に取り付けられたバッテリーは別として、電動ベスパはその運転特性と優れた快適性を備えています。

GovecsのSchwalbeは、テストで最高の走行性能、バランスの取れたシャーシ、およびテストで唯一のスクーター(少なくともオプションで)アンチロックブレーキシステムを提供します。

ABSなしでは、50 km / hから12.3メートルのテストフィールドで最悪だった制動距離を削減する必要があります。

 高電力消費もマイナスの影響を与えたので、バッテリーは67キロメートルしか持続しませんでした。

ドイツのベストセラーは4位

ドイツで最も売れているe-スクーターであるNIU NQi GT(評価値2.7)は、4位を獲得することしかできませんでした。

なかでも、座り心地が悪い、充電時間が長い(満充電まで9.2時間)、収納スペースが小さいなどです。

NIU NQi GT S Pro | Fully Electric Scooter Initial Thoughts Review!

テストの最後の1つは、Trinity(ドイツ)のUranus Rです。

オプションのセカンドバッテリーは、価格に加えて範囲を拡大しますが、ヘッドライトの不十分な照明、読みにくいディスプレイ、最長の充電時間を補うことはできません。 結果は評価値3.3でした。

Elektroroller Uranus R von Trinity im 60er-Jahre-Style

 

バイクのレビュー 電動バイク
YABAIBAIKUをフォローする
YABAIBAIKU

コメント

タイトルとURLをコピーしました