ロンドンでサムライをコンセプトにしたバイクが製作!

おそらく、世界で数少ない最高と言えるバイクカスタムメーカーであり、個人的なお気に入りでもある、Death Machines of Londonは、絶対的な作品と共に戻ってきました。
1930年にマン島TTで初のアジア人ライダーとなった多田健三にちなんで、「ケンゾー」の愛称で呼ばれたこのカスタムバイクは、「伝統的な工芸と最先端の製造技術を組み合わせた結果、そしてたくさんの頭痛。切り傷。そしてやけど。そして、人生の選択についてもう一度考える時間になった」とDeath Machines of Londonの技術者は言います。

ケンゾーの驚くべき体は、古代の武士の鎧に似た部分に最大の特徴があります。

オリジナルのデザインはCADで作成され、手作業でパネルアルミニウムを数時間使用して最終的にプロトタイプ化され、高精度の3DプリントとCNCパーツで作成されました。

最後のセグメントの下には、3Dプリントで作られたインサートグリルがあります。

ケンゾーの絶妙なライトは、侍の刃を表現するためにDeath Machines of London はカリフォルニアのルミニットと協力して、世界で最も先進的なホログラフィック拡散フィルムを使用しています。

LEDからの光は、フィルムの表面全体にわたって80度で正確に分散され、シームレスに光を届けます。

Death Machines of London のインスピレーションは、刀の持ち手に触発されたグリップと、侍が鎧の下に着用した物に似たパターンの型押しレザーを特徴とするシートでに見ることができます。

最後にケンゾーのユニークで美しいスピードメーターです。

華やかなアイボリー風のスピードメーターは、細かいディテールと、荘厳な龍が描かれています。

バイクの電源を入れると、スピードメーターがリムライトで魔法のように光り、文字盤のすべての複雑なディテールを細かく見ることができます。

正直に言って、運転に集中できないほど美しいです。これは完全に今注目すべきデザインです。Death Machines of London は世界を再び驚かせました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました