日本のメーカーが空飛ぶ飛行体の飛行テストに成功!

空飛ぶ車は、サイエンスフィクション映画のような形で現実世界に現れる準備を始めています。

日本のSkyDrive社は、通勤者用に1人乗りの電気式垂直離着陸(eVTOL)ホバークラフトのテストに成功しています。

AP通信は8月28日にSkyDriveの成功を報告し、以下のビデオを公開し、「地面から1〜2メートルの浮上をした。プロペラを備えた滑らかなオートバイが浮いているように見える近未来的な外観だ」とコメントした。

SkyDrive Project SD-03 world debut

SkyDrive社の責任者である福沢智宏氏は、「世界の100を超える飛行体のプロジェクトは、ほんの一握りしか成功していない」と語っています。

「多くの人に乗ってもらって、便利さと安全性を感じてほしいと願っています」と福沢氏は語った。

AP通信によると、SkyDriveの車両は現在、5〜10分の飛行時間ですが、30分までこれを引き上げることによりさらに実用的で現実的に改良していく方針だと言うことです。

未来のサイエンスフィクションのようにホバークラフトが飛び交うビジョンは日本政府にとって非現実的なことではありません。

SkyDrive社は開発への資金調達に熱意をもっており、2023年に「ビジネスサービス」を開始し、最終的には2030年代までに通常の商用利用に拡大する計画であると伝えられています。

しかしSkyDrive社だけがホバークラフトを制作しているわけではありません。

ライバルには、EUのリリウム、カリフォルニアに拠点を置くJoby Aviation、ボーイングとキティホークコーポレーションの合弁会社などがあります。

ただし、今日の技術開発のペースを考えると、2040年代には世界中のガレージにSkyDrive社製品が駐車される可能性は十分にあると言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました