日本が発明した空気で膨らますスクーターPoimoが話題に!

有名なラストワンマイルにはすでに多くのコンセプトがあります。そして多くの人が目的地まで簡単に移動したいと思っています。

したがって、いわゆるラストワンマイルの概念に関与する企業がますます増えています。

まったく新しい、型破りなアプローチは日本から来ており、Poimo と呼ばれています。

ネーミングには全体のアイデアもあります。Poimoは「portable(持ち運び可能)でinflatable(膨らませられる)なmobility(乗り物)の略なのです。

Poimo は、東京大学とMercari R4Dという研究チームによって開発されました。

実際に膨らませて見ました。

スクーターの重量はわずか5.5キロで、折りたたんでバッグに簡単に収納できます。

ポリウレタン製のインフレータブル基本構造に加えて、ホイール、ワイヤレスコントローラー付きハンドル、およびバッテリーパックも含まれています。

Soft yet Strong Inflatable Structures for a Foldable and Portable Mobility

運転したい場合は、車体を開き、ホイール、バッテリー、ハンドルをそれぞれの場所に付けて、スクーターを膨らませます。

膨張した構造は、人を運ぶのに十分な強度で考えられた設計です。

電気モーターは後輪に組み込まれています。

スケートボードのように、体重をシフトして操縦します。フットスペースはありません。照明やブレーキシステムもありませんでした。

開発者は、スペックやモーターに関する情報を発表していません。Poimoはまだプロトタイプの段階にあると言っていいでしょう。

ラストワンマイルをカバーするエアマットレス、木馬のようなスタイル、eスクーターの組み合わせはとても興味深いアプローチです。

唯一の問題は、歩けばいいんじゃないの?というシンプルな疑問です。そしてそれはすべてのラストワンマイルプロジェクトに当てはまります。

未来的なバイク 電動バイク
YABAIBAIKUをフォローする
YABAIBAIKU

コメント

タイトルとURLをコピーしました