ハーレーダビッドソンの電動バイクへの挑戦が今始まる!

ハーレーダビッドソンは、1903年にウィスコンシン州ミルウォーキーで産声を上げその後、世界的な大恐慌の時期を乗り越え、今では熱狂的なファンを多く持つ、アメリカンの代表的なブランドになりました。

しかしその一方で最近では「ハーレーのファンは不良が多い」だとかハーレーは「大きすぎて騒々しい」と感じる人が多く、若い層の新しい顧客を増やすのに苦労しています。

その結果、売り上げがわずかに落ち込み、現在ハーレーでは若い顧客にアピールできる、ハーレーならでは新しいモーターサイクルのデザインが求められています。

意識の高いライダーに向けて、環境にやさしい電動バイクの高まる需要を先取りするために、デザイナーのTanner VanDe Veer はDAAPworksと共同で、ハーレーダビッドソンの売り上げ復活を目指して中型の電動バイクの製作を提案しました。

プロジェクトのコンセプトは、現代のトレンドを吹き込みながら、ハーレーの歴史を維持するオートバイを現代のストリートに持ち込むことです。

新しいモデルの名前は「REVIVAL」です。

交換可能なバッテリーパックで環境に配慮しており、従来のハーレーよりとても軽くクラッチやギアもありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました