風力発電を行うEV二輪車「NASAバイク」が考案される!

人類の次の最大の夢は、火星に足を踏み入れその赤い惑星を植民地化することです。すでにNASAは、表面、環境の調査を行っています。

もちろん、目標を達成するためには多くの課題があります。

その一つとして、火星という環境に適した移動用の車両を開発する必要があります。

ギザギザした地表四輪車はすでに開発されていますが、機動性の高い二輪車も必要です。

デザイナーのSimonGryttenが、火星ミッション用に発案したこのバイクは「NASAバイク」と名付けられました。

このバイクの1番の特徴は風力エネルギーを利用することで、バッテリー充電が可能な、「風力電気発電バイク」だということです。

 NASAバイクは、使用されていないときは風力タービンに変形し、バイクは、発電機にもなります。

今のところ、コンセプトはまだ初期段階にあり、実際に実現可能にするにはまだもう少し時間がかかるようです。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました