ヤマハが実際に製作したAI搭載バイク「Motoroid」

MOTOROiD

ヤマハの近未来的なバイクは未来への新たな第一歩を踏み出しました。

2017年、ヤマハは数点のコンセプトを東京モーターショーでリリースしました。その中でもこのMotoroidコンセプトは、2017年最も未来的なコンセプトであったと言えるでしょう。

Motoroidは、AIシステムも完備しています。MotoroidのAIは、その所有者を認識し、会話します。

ヤマハはライダーの「感動」という経験を呼び起こす能力を誇っています。

これは驚くべきことではありません。同時に、深い満足、感謝、賞賛、そして感情を刺激する日本の哲学を感じさせます。

Motoroidの興味深い部分は、スピードレーサーの外観で、エッジの効いた耐久性のある印象を与える点です。

そしてこのコンセプトのもう1つの特徴は、フロントタイヤの後ろにあるバッテリーシリンダーです。

これは、ヤマハが2輪輸送の未来をどのように想定しているかを示しています。

バイクのフロントガラスの取り外し、低い位置にあるハンドルバー、および下部バックブレースはすべて、このバイクをブレードランナーの外観のような見た目と気分にさせるます。

エキサイティングなディテールを施したMotoroidは、海外に向けてヤマハの「クール」な印象をさらに高めています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました