オートバイの夜の運転について知っておくべき知識!夜間の走行に必要なこと!

長くバイクを乗ることで重要なのは、リスクを管理し、毎年安全を確保することです。

夜間の走行で重要なことの1つは可視性です。

あなたは他の運転手や周辺地域の他のものに見えるようにする必要があり、あなたはそこに何があるかを見ることができる必要があります。

夜のバイクライディングの隠れた危険

視界が限られているため、ライディングはより慎重になります。夜間に乗車する際に注意すべき点がいくつかあります。

  • 飲酒運転者:統計的に言えば、違法なので当たり前なのですが、夜間の飲酒運転はより大きいリスクをもたらします。ハンドルを握る前に1、2杯飲んだ場合です。2016年には、アルコールとオートバイの乗車に関連するすべての致命的な事故の47%が夜間に午後9時から午前3時の間に発生しました。

 

  • 隠れた障害物:道路は障害物や破片、あらゆる大きさのくぼみ、緩い砂利、マンホールなど、暗闇は見えにくくなるため、より危険になります。また、夜間は動き回ることがより難しくなります。道路上で何かを簡単に見ることができるかもしれませんがそれをさけると衝突する可能性が起きます。

 

  • 動物:都会ではあまりないかも知れませんが田舎道では動物とぶつかることがあります。ヘッドライトに照らされた猫や鹿はヘッドライトをのぞき込んだときに圧力で体が凍る動物です。多くの動物は、昼間に行動するハンターのリスクを回避するために夜間に出てくる傾向があります。ただ、ありがたいことに、ほとんどの動物の目は輝きを放ち、夜間に偶然遭遇した場合に、その目が回避するためにちょうど役立つように存在を知らせめることもあります。

 

  • 限られた視認性:IIHSデータベースによると、2016年の夜間のライディング(午後9時〜午前3時)は、オートバイの死亡者数の27%を占めていました。週末の時間と平日の時間を比較すると、1年間の週末の時間と平日の時間の死亡率はほぼ2対1の比率であることがわかります。統計は季節性を考慮する必要がありますが、天候は重要なライディングコンディションの原因となっている可能性があり、就寝時に700人近くのライダーが失われています。全体像を見ると、目に見えるものであれ、他の何かが見えているものであれ、視認性の欠如がこれらの事故の原因であると考えられます。

自分を見えるようにする

視界が夜間の事故や死亡の主な原因である場合、オートバイのナイトライディングをより安全にする方法がいくつかあります。夜間の乗車中の安全性にプラスの影響を与える方法は次のとおりです。

視認性の高い服装/ギア – 他のドライバーからは身体が完全に見えるので、夜間の暗い場所でも見やすい服装を利用してください。研究によると、視認性の高い、または蛍光の衣服を着用している場合、オートバイの衝突に巻き込まれる可能性が37%少ないことがわかっています。ネオンイエロー、グリーン、オレンジ、さらにはホワイトなどの蛍光色を着用すると、オールブラックのギアを着ている場合よりも、見られる可能性が高くなります。最も重要なことは、バイクが、ヘッドライトからの光が当たると光る逆反射パネルが付いていることです。

※ HI-VIZを購入するのを躊躇っている場合は、建設作業員が一般的に着用するネオン産業用安全ベストを購入できます。ネオンイエローまたはオレンジのベストを選び、反射パネルがあることを確認してください。

Hi-Viz Motorcycle Gear Guide at RevZilla.com

反射テープとデカール – 追加の可視性のために、他のドライバーの注意を引くであろう再帰反射テープでオートバイやギアのスタイルを整えます。

追加の可視性のために、他のドライバーの注意を引くであろう再帰反射テープであなたのオートバイを見つけやすくなります。見つけやすさを増すために想像できるほぼすべての色のテープのロールを購入します。反射デカールは、バイク、アーマー、ヘルメットに追加のデザインを追加したい方にもご利用いただけます。

照明オプション –バイクの照明に関しては、豊富なオプションがあります。

LEDライト:標準の白熱電球は明るいですが、LED電球に切り替えると、他のドライバーからの視認性が高まり、夜間でも遠くまでよく見えるようになります。

LED電球は、オートバイからの電力を抑えて、より高いワット数の白熱電球の余分な熱なしで、より多くの光を出力できます。

オートバイのフラッシャーは、LEDへの電球の追加または変更による抵抗の減少をきることに注目してください。

電球の変化を補正するために、バイクのフラッシャーを抵抗フラッシャーではなく電子フラッシャーに変更する必要がある場合があります。

ブレーキライトフラッシャー:ブレーキをかけたときに電球を複数回点滅させるフラッシャーを使用することです。安定したライトを使用するのではなく、数回のフラッシュで背後のドライバーの注意を引き、その後安定して点灯し続けます。

ヘッドライトモジュレーター:ヘッドライトモジュレーションキットは、近づいてくるドライバーから注目を集めることができます。パルスライトは、あなたが安全を保つために必要な特別な注意を与えます。一部の運転手はそれを気晴らしとして見つけるかもしれませんが、それが仕事をしていることを証明するものです。あなたは見られています。

補助ライト:OEM電球をLEDの代替品に置き換える以外にも、カスタムライティングには、バイクの視認性を高めるためのさまざまなオプションがあります。追加する種類は目的によって異なります。たとえば、ライトを追加して、より遠くを見通して夜間の安全運転を支援したり、霧のある状況を確認したり、周辺視野の領域を明るくしたりすることができます。単一の電球を複数の色で複数のストリップに追加できます。一部のキットでは、スマートフォンでもコマンドで色を変更できます。

ハイビーム:非常に議論の多いトピックとして、夜間のライディング中のハイビームはモーターサイクリストに有利です。事故の主な原因の1つは、オートバイの前を左折する他の運転手です。そのため、明るいハイビームライトは、運転手にモーターサイクリストを遮断する行為を警告することができます。

夜間視力

どこを見るか:対向車のヘッドライトは目がくらむ可能性があり、ほとんどの車よりも少し高い位置を走行しているため、特に目がくらむ可能性があります。1つのオプションは、道路の端にある左端を走行することです。ハクタイは、あなたの目を助け、あなたが正しい方向にあなたの車線を進むのを助けます。車線を直進する能力に影響を与えます。

光の中を走る

  • 私たちのオートバイのライトは、暗い時間帯にほんの前までしか伸びていないため、視界が限られています。あなたのバイクは短い距離で停止するこtが可能ですが、障害物を回避するために、より多くの停止距離が必要になります。夜には、何キロメートルも先を見ることができないため、速度を下げてください。

 

  • 他の車両ヘッドライトを使用してください。前方の車両を追跡している場合は、ヘッドライトが道路の破片やくぼみなどを照らしているかどうかを確認します。また、車は道路の破片をまたぐことができ、バイクは安全を損なう可能性があることにも注意することが必要です。何かが見えた場合は、車線を変更して完全に回避する準備をしてください。

バイザーを掃除する:バイザーについても留意すべきことの1つは、清潔に保つ必要があるということです。綿またはマイクロファイバーの布で簡単な洗浄液を使用して、バイザーに微細な傷が付かないようにします。布タオルはバイザーを傷つける可能性があります。

着色バイザーまたはメガネでの乗車暗い色合いのバイザーで夜に乗ることはお勧めしませんが、夜に役立つバリエーションがあります。黄味がかったバイザー/グラスは、夕暮れなどの薄暗い時間帯に着用できます。昼間から夜間に交換するために追加のバイザーを持ち歩くことを心配したくない人のために、1日を通して光レベルに調整するフォトクロミックバイザーがあります。

オープンバイザーに乗るときに夜間に着用できる、サングラスではないクリアーグラスを携帯することもできます。すべてのライダーに適した万能のオプションはありません。そのため、オプションを試して、自分に最適なオプションを決定してください。

自分を聞かせる

「大きな恐れは命を救う」。この表現は少なくとも一度は聞いたことがあるでしょう。あなたの排気は、あなたが来るか行くかに関わらず、あなたが彼らの近くにいることを間違いなく他のドライバーに知らせることができます。彼らはあなたが近くにいると聞いているかもしれませんが、それは彼らがあなたを見ることができることを保証するものではありません。

要素の準備

霧に対処する:夕方と夜の涼しい気温の間、霧が出る可能性があります。霧には結露が伴い、フロントガラス、バイザー、バックミラーに湿気​​の層を足す可能性があります。

曇りを防止または軽減するために、各表面に防曇溶液のコートを追加して準備してください。

気温の変動:気温の変動が激しい地域に住んでいる場合、準備が重要であることをおそらくご存知でしょう。車はエアコンにできますが、オートバイにはその贅沢がありません。暖かい季節には取り外し可能なサーマルライナーが付いているジャケットやスーツの着用を検討する必要があります。

昼間の手袋では体を暖かく保つのに十分ではない場合は、夜間の乗車用に追加の手袋を携帯することを検討してください。寒いときに乗ると、道路に集中し続ける能力に影響を与え、身体の反応時間を短縮します。

トラクションの喪失:より涼しい道路では、タイヤのトラクションが低下します。涼しくて濡れた道路は問題を引き起こすだけでなく、涼しい乾燥した道路も同様に心配してください。スピードに注意し、コーナーやストレートに注意してアプローチしてください。

安全なライドのヒント

  • ディフェンシブライディングの練習 –安全を保つための最善の戦略の1つは、自分が見えないふりをすることです。防御的に乗車し、他の運転手があなたがそこにいることを認識しない場合に、安全を確保するために何ができるかを常に考えてください。

 

  • 注意してください –道路とミラーの間を常に確認しする必要があります。目を使って自分の背後にあるものを見ることができ、周りを見回すために頭を向ける必要がないように、ミラーを配置します。

 

  • 死角に近づかない –乗車するのに最悪の場所の1つは、別のライダーまたは大型車の死角があります。安易に車線を合流または変更したり、曲がったりして道路の破片を見逃し、回避可能な衝突を引き起こす可能性があります。

 

  • 信号機の使用 –方向指示器は、車線変更または方向転換によってコースを変更するつもりであることを他のドライバーに知らせる丁寧な方法です。夜間走行中は、ライトを点滅させることで他のドライバーの注意を引くこともできます。

 

  • 走行距離を伸ばす –バイクの前がはっきり見えない場合は、次の距離を通常よりも長くする必要があります。道路上のほとんどの車両よりもはるかに速く停止することができますが、多くのことが夜のライディング時間中に迅速に発生する可能性があります。交通渋滞や低速走行が必要なため、数分後に到達するよりもはるかに大きな問題が発生する可能性がある場合は、反応時間に数秒追加します。

 

  • 旋回/コーナリングの変更 –旋回を容易にする1つの方法は、ブレーキ操作を旋回から切り離すことです。ターンに入る前に、ブレーキをかけます。これにより、各アクションでタイヤに最大限の牽引力が提供され、最も安定性が高まります。

 

  • 3分の1に乗る –各レーンは3分の1(左、中央、右)に分割でき、一般的に言えば、時刻に関係なく同じように重要です。必要に応じてそれらを使用して、安全を確保し、車道で何かを避けてください。各セクションには、他のドライバー、破片、追い越しなどに関して提供する長所と短所があります。乗車すべき正解や誤解はありません。

ナイトライディングは、まったく新しい世界への扉を開きます。昼間は同じ道路に何年も乗ることができ、夜間は1回の乗車で視界を完全に乱す可能性があります。

変化に伴い、景色は危険を変えます。ライディングギアの小さな変更、オートバイの小さなアップグレード、ライディング習慣の特定の変更により、安全を確保し、新たに発見されたライディングシーンを楽しむことができます。

安全に頑張ってください!

🔥Bike Night • RSV4 • S1000RR • GSXR • R6 ★BIKEPORN★ 4K
バイクの知識
YABAIBAIKUをフォローする
YABAIBAIKU

コメント

タイトルとURLをコピーしました