【ライダー必見!】バイクで車にひかれた時の対処法!

車にはねられることは、バイク乗りにとって、時に致命的な事故になることがあります。

報告書によると、毎年3000~5000人以上のライダーが事故によって死亡しています。

あなたが車に轢かれた場合、生存の可能性が高くなったとしても、物理的、経済的、法的問題から逃れることはできません。

バイクに乗るのであれば、安全対策を知っておくことが重要です。知識を身につけていることで、事故に遭う可能性と事故後のトラブルを大幅に減らすことができます。

車がバイクにぶつかったらどうすればいいのでしょうか?

ライダーも車の運転手も、事故に巻き込まれるとパニックになることがあります。そして、この状況でパニックになることは不自然なことではありません。

しかし、パニックになったり、怖がったりしていては、思うように事件が解決しません。

ここでは、あなたのバイクが車に轢かれた際、やるべきことについてご説明していきます。

最初の危険から逃れる

相手のせいだと怒りでいっぱいになるかもしれません。もしくは、自分の愛車が傷ついた悲しみでいっぱいになるかもしれません。

しかし、事故後すぐに怒りや悲しみを爆発させてはいけません。事故現場などの危険地帯から抜け出して、歩道に移動するのが最優先です。

車の運転手を逃がさない

 

軽傷だと思って相手を逃がしてはいけません。事故の瞬間は興奮で気が付かないかもしれませんが、しばらくすると、手首の骨折などの重大な怪我をしていることが判明するかもしれません。

相手が逃げようとしたら、車のナンバープレートの写真を撮っておきましょう。

また、あなたが自動車保険に加入していて、相手が無保険だった場合、うろたえて攻撃してくる可能性があるので注意が必要です。

110番に電話する

車の運転手に同情し、警察へ連絡せずに逃がすことは、あなたにとって悪い結果をもたらす可能性があります。

保険を請求するのに苦労するかもしれませんし、後で、あなたの状況が不適切に処理される可能性があります。

すぐに110番に電話して、警察が到着するのを待ちましょう。

写真を撮って、事故現場の情報を収集する

警察官を待っている間に、周囲の写真、信号機、自分のバイク、相手の車などを撮影すると良いでしょう。

写真が撮れない場合は、通行人や、他のドライバーを呼び止め、目撃者の協力を仰ぎましょう。

次に、運転免許証の情報、ナンバープレート、保険の情報を集めましょう。収集した情報は、後で事故の状況を整理する際に役立ちます。

また、重度の事故の場合は、人身事故専門の弁護士に相談してみるのも良いでしょう。弁護士は、保険代理店との取引方法についても手助けしてくれます。

警察官に、事故の状況を説明する

多くのライダーは、正当な処理が行われないことを恐れて、供述書を提出しないことがあります。

しかし、あなたは警察官に何が起こったかの詳細を、すべて説明する必要があります。

また、数日後に警察に連絡して、あなたの供述書を確認することによって、あなたの事故の状況に誤りがないかダブルチェックすることをおすすめします。

医師の診察を受ける

序盤にもお伝えしましたが、あなたのお怪我は思っている以上に重症かもしれません。

軽度の打撲だと思ってケガを無視してはいけません。事故の場合、医師から骨折や手足の捻挫などと診断されることもあります。

医師の診察を受けることで、安心感を得られます。また、保険金請求の際にも、より良い対応ができるようになります。

保険金請求を開始する

最後に、迷わず保険金請求しましょう。

保険代理店は、事故に関連する多くの質問をするかもしれませんが、すべてに答える責任はありません。

あなたが特定の場所で事故にあったという情報だけを提供してください。

彼らがその事故の詳細を聞いてくる可能性は十分にありますが、それは弁護士に相談してからにしましょう。

保険金を請求したら、タクシーの領収書、薬代、バイクの維持費など、すべての書類を作成しましょう。

そして、作成した書類すべてを保険代理店に提出してください。


事故に遭う前に、何をすべきかを知っておくことで、人生の予期せぬ出来事に備えることができます。

もしあなたが事故に巻き込まれたら、この記事で学んだことを応用してみましょう。

あなたが目撃者になった場合は、この知識で車にはねられた人を助けることができるかもしれません。

バイクの知識
YABAIBAIKUをフォローする
YABAIBAIKU

コメント

タイトルとURLをコピーしました