遂に出た!3Dプリンターで作った電動バイク!

このNERAというバイクは、世界で最初の3Dプリントされたeモーターサイクルです。

バイクを実際に動かす電気部品とエンジンを除いて、タイヤ、リム、フレームからフォーク、シート、カウリングまですべてが3Dプリントされています。

NERA – World-First Fully 3D Printed e-Motorcycle

軽量パーツ、穴開きエアレスタイヤ、電装品なそ、すべて軽量化、効率化そしてこのバイクの美観を妨げないように設計されています。

動画を見ると、3Dプリントされたこの軽量バイクがどれほど安定して走行できるかという点を考えて見ましょう。

見た限りでは揺れが激しそうです。

従来のモーターサイクルの重いボディは、高速で加速および運転するときに、重心を下げ、ドライバーのバランスを保ち、道路に固定するのに役立ちます。

3Dプリントされているかどうかに関係なく、重心が高い軽量なバイクではでは、悪天候や通常の気象条件で空中を飛ぶ可能性があります。

ただし、プロジェクトはプロトタイピング段階にあり、大量生産の見通しが立てられた場合は、より安全にするためにさらに実験が行われる可能性があります。

 それほど遠くない未来が私たち自身の車を印刷する時代が来るならなら、誰がそれについて反対するのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました