アイアンマンの世界が実現?ドバイのJetmanが初飛行を実施!

アイアンマンⅢでは映画の中で、トニースタークがアイアンマンのスーツを壊したが、Jetman Dubai社(以降、Jetman)は、自律型の有人飛行スーツという夢の実現に向けて大きく歩を進めた。

ビデオでは、パイロットのReffet氏が、ジェットエンジンを積んだ、カーボンファイバー製のスーツを装着、高度6000フィート(1.8km)まで上昇した。Reffet氏は「8秒で高度100mまで上昇、12秒で200m、19秒で500m、30秒で1000mに到達、平均速度は時速240キロだった」と言及した。

Jetman Dubai Takeoff – 4K

Jetmanの飛行ビデオは今回が初めてではなく、2015年に撮影された動画は、当時Jetmanが飛行している状況を後ろから撮影していたり、ヘルメットに付けたアクションカメラで撮影した画像だったが、今回は地上からJetmanが離陸し、周辺をホバリングし、その後上昇する一部始終が撮影されている。

今回の飛行では、ホバリングも安全にでき、また旋回などのアクロバティックな動作も安定しており、飛行速度も時速400kmを達成、ホバリングおよび方向転換、旋回もコントロールされていた。

ちなみに、Jetmanの他にも個人飛行用のパイロットスーツを作製しており、イギリスの発明家Richard Browningが有名で、世界で初めて作製、2018年のWiredで紹介されている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました