世界最速のオートバイ、地上最速レコード(Land Speed Record)に挑戦!

スズキ社製ハヤブサのエンジン2基と大型ターボチャージャーを搭載した、現世界最速オートバイのAck Attackー900馬力で、既に時速376マイルに到達しているーが、地上最速レコードに挑戦。挑戦する場所として選んだのは、ボリビア、アンデス山脈のウユニ塩湖の跡にできた平原地帯。

Ack Attackパイロットのロッキー・ロビンソン氏は

ロッキー
ロッキー

ボリビアは、前回の場所(ボンネビル、アメリカ合衆国ユタ州北西部の塩類平原で距離は7マイル(11km)程度)に比べると、上り下りを含め距離が16マイル(26km)程度ある。急に突進するようなホイールの動きは、この流線型の車体では危険であり、必要のないハンドル操作なしで、徐々に加速しないといけないため、距離があることが重要となる

と語った。

ウユニ塩湖跡の平原地帯の広さは約4000平方マイル(6437平方km)、標高11995フィート(3.7km)。前回はボンネビルで地上最速レコードを叩き出したが、今回挑戦する場所のボリビアはより高速運転に適している。さらに、今のボンネビルは条件が悪く、世界最速レコードの挑戦地としては適していない。

世界最速を狙うチームはAck Attackだけではない。Bloodhoud SSCも2018年に最速レコードに調整すると表明(同チームは2017年に挑戦を目指していたが、スポンサーの関係により延期した)。Bloodhoud SSCは時速1000マイルが目標。ジェットエンジン搭載、ハイブリッドロケットシステムを装備し、ジャガー社製V-8エンジンの車両を計画している。

Ack Attackは、まずはオートバイとして時速400マイル(644km)を実現することを目標としている。

Ack Attackビルダーのマイク・アカティフ氏は

マイク
マイク

Ack Attackを作製した当初は16年間破られていなかった時速322マイル(518km)を超えることを目標としていたが、常に時速400マイル(644km)を超えることを考えていた。

と言った。

Episode 1: For the Record
Episode 2: The Search for a new racetrack
Episode 3: Aerodynamics
Episode 4: Ready for 400mph
Episode 5: Arrival
バイクの記録 特別なバイク
YABAIBAIKUをフォローする
YABAIBAIKU

コメント

タイトルとURLをコピーしました