世界最速のオートバイ、地上最速レコード(Land Speed Record)に挑戦!

バイクの記録

スズキ社製ハヤブサのエンジン2基と大型ターボチャージャーを搭載した、現世界最速オートバイのAck Attackー900馬力で、既に時速376マイルに到達しているーが、地上最速レコードに挑戦。挑戦する場所として選んだのは、ボリビア、アンデス山脈のウユニ塩湖の跡にできた平原地帯。

Ack Attackパイロットのロッキー・ロビンソン氏は

ロッキー
ロッキー

ボリビアは、前回の場所(ボンネビル、アメリカ合衆国ユタ州北西部の塩類平原で距離は7マイル(11km)程度)に比べると、上り下りを含め距離が16マイル(26km)程度ある。急に突進するようなホイールの動きは、この流線型の車体では危険であり、必要のないハンドル操作なしで、徐々に加速しないといけないため、距離があることが重要となる

と語った。

ウユニ塩湖跡の平原地帯の広さは約4000平方マイル(6437平方km)、標高11995フィート(3.7km)。前回はボンネビルで地上最速レコードを叩き出したが、今回挑戦する場所のボリビアはより高速運転に適している。さらに、今のボンネビルは条件が悪く、世界最速レコードの挑戦地としては適していない。

世界最速を狙うチームはAck Attackだけではない。Bloodhoud SSCも2018年に最速レコードに調整すると表明(同チームは2017年に挑戦を目指していたが、スポンサーの関係により延期した)。Bloodhoud SSCは時速1000マイルが目標。ジェットエンジン搭載、ハイブリッドロケットシステムを装備し、ジャガー社製V-8エンジンの車両を計画している。

Ack Attackは、まずはオートバイとして時速400マイル(644km)を実現することを目標としている。

Ack Attackビルダーのマイク・アカティフ氏は

マイク
マイク

Ack Attackを作製した当初は16年間破られていなかった時速322マイル(518km)を超えることを目標としていたが、常に時速400マイル(644km)を超えることを考えていた。

と言った。

Episode 1: For the Record
Episode 2: The Search for a new racetrack
Episode 3: Aerodynamics
Episode 4: Ready for 400mph
Episode 5: Arrival
バイクの記録 特別なバイク
スポンサーリンク

寝ている間に、駐車している間にバイクが盗まれたらどうしようと思ったことはないですか?
実際にバイクの盗難事件は年間約2万件にのぼります。
しかも検挙率は14.9%で大半のバイクは戻ってきません。
また発見されても無傷なことはほとんどありません。

そんなあなたに教えたいのはバイクの盗難保険サービスずっとライドです。

ずっとライドは
☑ バイク盗難で最大300万円補償
☑ パーツ盗難で最大20万円補償
☑ 鍵穴いたずら最大5万円補償

ロードサービスにも加入すると
◇ 24時間レスキューセンター・レッカーサービス
◇ 現場応急対応
◇ カギ開け
◇ ガス欠
◇ バッテリー上がり
などのサービスもあります。

選べるプランは18種類!

今ならキャッシュレス5%還元になります。

また、
◎ レジャー・宿泊施設割引
◎ バイクグッズがあたるプレゼント抽選会
◎ ツーリングミーティング・サーキット走行・レースなどのイベント優待
◎ 引っ越しや北海道、沖縄ツーリングのための陸送割引
◎ 一律3万円の入院お見舞金
などの特典もあります。

ずっとライドは親切丁寧、安心。またHonda、YAMAHA、SUIZUKI、Kawasakiのオフィシャル・パートナーでもあります。

ずっとライドはクチコミでも評判です。

YABAIBAIKUをフォローする
YABAIBAIKU

コメント

タイトルとURLをコピーしました