メイド・イン・ジャパン!世界が注目する木製EVスクーター!

モビリティのデザイン | ILY-AI CONCEPT MODEL

木で作られた電動スクーターを想像したことがありますか?

私はしませんでしたが、日本人デザイナー小林幹也は、特に忘れられがちな、高齢者で移動性の問題を抱えている人を対象とした、木製電動スクーターを設計しました。

電気自動車はILY-Aiと呼ばれ、3つの車輪(前部に2つの大きな車輪、後部にバランスのとれた車輪)があるため、実際にはトライクといえます。

 ILY-Aiは無垢材から彫刻されており、通常の滑らかでマットで未来的な電動スクーターとは完全に対照的な美しさを持ちです。

このコンセプトは、アイシンのテクノロジーと共同で開発されたもので、モビリティの世界のリーダーの1つであり、自動車部品やライフスタイル、ウェルネス、エネルギー関連製品の製造で日本でもよく知られています。 

ILY-Aiが屋内と屋外のスペースで快適に作業できるように、適切な種類の木材を選んだ日本を代表する木造メーカーであるKarimokuも、重要な共同作業者です。

木は暖かく居心地の良い要素をデザインに追加し、小林は有機木材の形状/感触のために天然木材を使用しています。

栗の木とアルミニウムの組み合わせがデザインを高め、最新のモビリティテクノロジーをスムーズに隠しながら、ユーザーフレンドリーなタッチを提供します。

高齢者や自立しようとしている運動障害のある人のために組み込まれた重要な機能の1つは、障害物を検出したときにスクーターを自動的に停止する安全センサーです。 

デザインが機能的であることを保証し、快適なカーブとレザーシートを備えています。

この木製のスクーターは、私たちの最もノスタルジックな子供時代のおもちゃが、大人になった私たちの前に実現化したようです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました