この水素燃料で動く乗り物が人類の移動手段の未来だ!

私たちはかつて、空飛ぶ自動運転のクルマが自動車産業の未来になると信じていました。

そして、車のオートドライブが現実になり始めた今、空飛ぶクルマの実現はもはや技術者に任せる他にありません。

しかし、2020年は技術を進めるには世界的な問題が多すぎました。

ただ、設計者達はこの時間を利用してしっかり自動車産業の未来を考えていました。

最近、未来のために水素燃料車を構想したのは、ロシアのモスクワを拠点とするニキータ・コノパトフです。

水素を燃料とする新しい自動車の制作はもはや可能です。

パンデミックによる旅行制限の結果として、世界的に排気ガスの放出が抑えられ、大気汚染が減少するにつれて私たちの多くは意識的に環境に優しい新しい技術ににシフトしていきます。

電気自動車はジェネレーター機構を使用して水素を電気に変換し、エネルギーを提供する、地球の環境に優しい一つの未来を示しています。

水素が酸素と反応して水を作ると、水素燃料が生成されます。水素はエネルギーであり、自動車の燃料として使用できます。

化合物から水素を抽出するのは難しい場合がありますが、最も一般的で環境に配慮した効率的なオプションである電気分解によって可能です。

コノパトフは彼のデザインを「非定型」と表現しています。

円柱状の車輪とパノラマの窓を備えたこの未来的なデザインは、SF映画のカーデザインに影響を及ぼす可能性すらあります。

このデザインは私たちがこれからの新しい現実とどのような相互作用を受けるのかを指摘しています。

世界的に、人類はシンプルさを選び、世界の自分たちの立ち位置をもう一度見直す必要があります。

ニキータ・コノパトフの水素燃料電池車は、空は飛ばないかもしれませんが、はるか遠くの未来の世界に向かってうなずいているようです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました