ホンダCB500の欧州向け2021年最新モデルがこちら!

ホンダは、欧州市場向けに新しいカラースキームを特徴とする2021年の500 ccのラインナップ を発表しました。

新たなEuro 5規制に準拠するために、一酸化炭素と炭化水素の排出量を減少、厳しいチェックが行われました。 

ホンダCB500F、ホンダCBR500R、ホンダCB500Xの出力は同じままで、8,600 rpmで47 bhp、6,500 rpmで43 Nmのピークトルクを出します。

このシリーズのツーリングモデルである2021 Honda CB500Xは、ヨーロッパ市場向けに3つの新しいカラーおよびグラフィックスキームを採用しました。

ホンダCRF1100Lアフリカツインへのオマージュとして、赤いリアサブフレームが特徴的です。

ホンダCB500Xのカラーオプションは、グランプリレッド、マットガンパウダーブラックメタリック、パールメタロイドホワイトです。

またホンダCB500Fは、ヨーロッパ市場向けに新しいグラフィックスと2つの新しいカラーオプションを取得しています。

ヨーロッパ市場で入手可能なカラーは、グランプリレッド、マットガンパウダーブラックメタリック、キャンディカリビアンブルーシー、キャンディムーングローイエローがあります。

フルフェアリングされたホンダCBR500Rで提供される新しいカラーはありませんが、Euro 5の基準はクリアしました。

ホンダCBR500Rの現在のカラーは、マットアクシスグレーメタリック、グランプリレッド、またはパールメタロイドホワイトです。 

初心者向けのアクセシブルなパフォーマンスと乗り心地でホンダCB500モデルはヨーロッパで非常に人気があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました