皇宮警察も採用のホンダ ゴールドウィングの最大出力は?

皇宮警察が採用したことで話題になったホンダ ゴールドウイングシリーズのゴールドウィング DTCについてはは特筆するべき部分がたくさんありますが、1,833ccの6気筒エンジンがおそらく最も特出している箇所です。

ゴールドウィングの73.0 x 73.0mmエンジンは、Unicam SOHCシリンダーヘッドを備えており、1,370 回転で102.51 PSのトルクを発揮します。

トルクは、基本的にアイドル状態から3,500回転をわずかに下回るまで、100 PSを超えたままで, 65PS を下回ることはありません。

本当にタフなバイクで、それが意味することは、負荷やエンジン回転数に関係なく「加速が強い」ということです。

アイドル回転数では、最新世代のゴールドウイングは、市場に出回っているほとんどのバイクよりもよりもトルクがあります。

Can You Daily A Honda Goldwing? 2020 Tour Airbag Automatic DCT

DCTはオイルポンプからの油圧によって制御され、ポンプを駆動することにより摩擦が発生するため、DCTはマニュアルクラッチの6速よりも7.8少ないピーク馬力と5.9ポンドフィートのトルクを生成します。

選択可能なボタン式シフト操作を備えたこのマルチモード自動変速機の優れた性能に基づいて、それはエンジン出力の有効活用と言えます。

ゴールドウィング DCTのお値段は約260万円です。

皇宮警察ファンの皆さん!

祝賀御列仕様のゴールドウイングカスタムなんていかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました