遂にヘルメットもスマホと連携させる時代が来た!

近年、世界的に自転車ブームが起きています。

健康的で、それほど高くなく、自宅から食料品店や友人の家へ、出かけるときに便利です。

しかし、自転車が増えれば事故も増えるというもの。ほとんどの自転車事故は、自転車が静かで、特に暗い場所では比較的見えづらいために発生します。

FAROヘルメットは、このサイクリングブームの間、自転車をより安全で便利な移動手段にするために作られました。

スクーターが着用するヘルメットを彷彿とさせる洗練されたデザイン、前面と背面のスポーツLEDストリップ、周囲の人々があなたの存在を認識できるようにする独自のライトが付属しています。

自転車に取り付ける小さなライトのように盗まれたり、低い位置にあるために十分に見えないということはありません。

FAROのライトが目の高さにあることを考えると、それは他者からの視認性と同時に進行方向を照らすライトとしても機能します。

FAROヘルメットには、国際認証基準に準拠した保護用のABS + PCアウターシェルと、安全性を高めるMIPSインナーが付属しています。

前面と背面にLEDストリップがありますが、特筆すべきはファブリックライナーの下にある隠しライトです。

UNIT 1 / FARO – Unboxing

 

 

ライトはスマートフォンでダウンロードできるFAROアプリを介して設定可能で、バッテリー消費量の色やパターンを設定できます。

ヘルメットには自動ブレーキライトが組み込まれており、加速度計を使用して減速を検出します。ハンドルバーのリモコンを使用すると、FAROのインジケーターシステムを簡単にオンにできます。

さらにヘルメットをアプリに接続して転倒検知機能を有効にすることで、転倒した場合に設定しておいた緊急連絡先へ自動的にアラートを送信することもできます。

ヘルメットには3つのサイズがあり、4つの異なる色から選択できます。

サイズを決定したら、内部のフィッティングメカニズムにより、頭囲に完全にフィットするように調整できます。いつでも、どんな天候でも着用できるように作られたFAROは、IPX6認定を受けているため、雨天も対応できます。

内蔵の1850mAhバッテリーにより、フル充電で最大10時間ヘルメットの機能を使用できます。

また、ヘルメットにはUSBポートがあり、そこからスマートフォンなどの充電も可能です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました