近未来的電動コミューターEzekiel ringが発表!

Katalis EV 1000 Arsenale

 

Ezekielringが発表した電動スクーターはスクーター特定の必須要素を残しながら、さらなる開発に挑んだといえるでしょう。

まず、バッテリーは従来のようにシートの真下にありますが、バッテリーの周りのスペースを使用して、スクーターの収納スペースを上手に拡大しており、通常のメットインの3倍ほどの収納力があるとしています。

フットスペースの広さを犠牲にすることで収納スペースを確保したわけですが、スクーターが明確な目的(旅行、観光、貨物/食品配達)の人々によって使用されることを考えると、その保管スペースは非常に便利であることがわかります。 

収納スペースは側面から開閉できるようになっていて、シートを持ち上げる必要はありません

シートを開くと、取り外し可能なバッテリーパックが見え、スマートフォンを二輪車に接続(および充電)できます。さらにバッテリーを取り外して大容量のパワーバンクとしても使用できます。 

スマートフォンのインターフェースは電動スクーターのダッシュボードに映し出され、マップをナビゲートしながら、現在の速度やバッテリーの残量が確認できます。

タッチスクリーンインターフェースも、おそらく二輪車向けの「Android Auto」の最初の例になると思います。

コンセントからバイクに直接再充電することもできますし、バッテリーを取り出して自宅の中で充電することも可能です。

この新しい電動スクーターは二輪車に最適かつ需要のあるアップグレードを提供します。 

走行するにあたって、スクーター内にバッグ、財布、さらには大きな買い物袋を保管できることを想像してみてください。 そのスペースは2つのフルサイズのヘルメットを格納するのに十分な大きさです。

新しいバイク
YABAIBAIKUをフォローする
YABAIBAIKU

コメント

タイトルとURLをコピーしました