バイクのエンジンで作られたエスプレッソマシンがこちら!

イタリアのYouTubeクリエイターであるRulof Makerは、バイクとコーヒーの強い香りを取り入れ、それらを混ぜ合わせました。

彼はオートバイから取った古いピストンとシリンダーからエスプレッソマシンを作りあげたのです。

Italian Espresso From Engine Parts • How to make it

注意:この工程は専門家の特殊なソリューションを用いて部品から油、汚れ、汚れを払い落としています。家庭で真似しちゃダメですよ!

部品に油や汚れがなくなったらクラシックなエスプレッソアームをシリンダーの底に接続します。 次に、お湯を注ぐための新しい穴を作成します。

また、エスプレッソアームに合うようにシリンダーの穴を増やし、水が流出しないようにシリコンで埋めます。 これらの2つの部品を一緒に固定するために、3つの1cmネジ穴を開けて、シリンダーとエスプレッソアームに3つのネジを取り付けます。

水を注ぎ込むために、シリンダーの側面に刻んだ穴に合う銅管を作成します。 チューブの長い方の端は、最初に水が注がれる金属製の漏斗に接続されており、漏れが発生しないように、両方の部分がエポキシでコーティングされています。

エスプレッソマシンのベースに移動し、まな板に四角い穴を開け、ステンレス製の部品を中央に取り付けて排水容器として機能させます。

木製のベースにドリルで穴を開けた木片を使用して、コーヒーシリンダー用の垂直スタンドを作成します。 彼は、2つのドリル穴、2つの長いネジ、2つのアルミニウムチューブを使用して、シリンダーの既存の穴を木製のスタンドに取り付けます。 

 

彼がエンジンエスプレッソマシンに加えた最後の仕様変更は、地面を圧縮するためにピストンに取り付けられたレバーです。 彼はU字型のボルトをバネで包み、それをレバーに接続してより大きなトルクを与えます。 マシンを完成させるために、彼はレバーとピストンに穴を開けて、バイク乗りのための究極のエスプレッソマシンを完成させました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました