誰も見たことがないデザインの電動バイクRACER-X!

電動二輪車の設計は、基本的に従来のガソリン式二輪車の設計に非常に厳密に従っています。

ほとんどの場合、電動バイクはガソリン駆動のバイクと非常によく似たシルエットを持っています。

燃料タンクがあり、モーターの多くは従来の場所にモーターが取り付けられており、駆動システムはすべて、試行錯誤したテーマのバリエーションです。

しかし、この設計に従わなかった場合、制限のない電動バイクを設計・構築したい場合はどうなるのでしょう?

マーク・アトキンソン氏が作ったRACER-X(電動バイク)は、このような形になりました。

アルミニウム製のフレーム、カーボンボディ、ハブレスの車輪がついていて、さらに陸上速度のレーサーからの駆動システムを搭載しています。

これは、前輪を作動させるXの前の2本のアームを回転させます。 

ステアリングボックスは、後部のソリッドセクションにある2つのリニアベアリングに取り付けられ、ショックにより、ステアリングに影響を与えずにバイク全体を吊り下げることができます。

左側のハンドグリップには小さなジョイスティックコントロールが搭載されています。 

このバイクは、現在閉鎖されている電動自転車会社のエンジニアとアトキンソン氏がチャットによるコンタクトをとって、生まれました。 

アトキンソン氏は、ファンキーなマシンの革新的なステアリングメカニズムを説明します。

実際に走行する映像はありませんが、乗ったイメージはこのような感じです。

Mark Atkinson on Instagram: “Oh my! Racer X never looked better! @velocettegirl Electric Revolution at the Peterson starts tonight. Tickets still available. 📷@ianpbarry…”
387 Likes, 26 Comments - Mark Atkinson (@makrshaker) on Instagram: “Oh my! Racer X never looked better! @velocettegirl Electric Revolution at the Peterson start...

こんなクレイジーなバイクに乗ることができたら、とても楽しそうですね。

未来的なバイク 電動バイク
YABAIBAIKUをフォローする
YABAIBAIKU

コメント

タイトルとURLをコピーしました