Bugattiモデルの超スタイリッシュ電動バイクがこちら!

Bugattiはバイクを作るつもりはありませんでしたし、これまでにバイクを作ったこともありません。

しかしBugattiのコンセプトバイクがデザインされたのはこれが初めてではありません。

実際、過去数年間にフランスを拠点とする高性能自動車メーカーのために作成されたコンセプトは無数にありました。

そしてその中で最も人気があったのは、おそらくデザイナーであるロマンゴーバンによるブガッティタイプ100Mバイクのコンセプトでしょう。未来的でコンパクトなデザインも取り入れ、4つの車輪が付いています。

そして 最近、ハイエンドブランドの別の興味深いコンセプトバイクがオンラインで発表されました。

Yanko Designの産業エンジニア、Anay Kshirsagarによるものです。

KshirsagarのBugattiバイクのコンセプトは、彼がBugatti Audacieuxと名付けたもので、Bugattiのデザインを取り入れたバイクが未来的進化したデザインと言えます。

滑らかな車体、オールブラックのコンパクトでミニマルなスタイル。そしてハブレスの前輪。 

スリムなハンドルバーがヘッドライトとシートの間から出ており、シルバーのブレーキレバーが付いています。

バイクのコンセプトはBugattiの車のデザインに基づいています。

デザイナーは、111年目を迎える老舗スーパーカーブランドであるBugattiの最近のモデルでほとんどに見られるC-lineなどのDNAを確実に運ぶようにしました。 

Bugattiの象徴的なホースシューグリルを取り入れヘッドライトの下にもディテールが施されています。

コンセプトのバイクにはフットペグがないようですが、サイドスタンドがあります。 スイングアームは片側のみで、計器盤は見えません。

公開されたデザインは3Dモデルではなく、画像のレンダリングであるため、従来のオートバイの部品が廃棄されたのかどうかはわかりません。 

また、これはコンセプトデザインであり、今までのバイクには無い先進的なテクノロジーが搭載されてる可能性もあると言えるでしょう。

ブガッティはスーパーカーや、さらには高級家具で有名であり、他のメーカーとは一線を画しています。

そのため、デザイナーは型破りなデザインをこのブランドに合わせてパターン化するのを好みます。 

しかし、他にもハイエンドなバイクメーカーが存在することを忘れないでください。そしてこのコンセプトバイクに感銘を受けるデザイナーも少なくないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました