高貴な獣!オーストリアでカスタムされたBMW R18!

デザイナーのBlechmannがまたやってくれました。

一台目はR nineTでした。そして現在彼はBMWの最近発売されたクルーザーモデルであるR 18をカスタマイズしています。

オーストリアのデザイナーBernhard“ Blechmann” Naumannは、この新しくもレトロな美しいデザインを作成することに対して手段を選びませんでした。

このカスタムを構築するのに約450時間かかったそうです。

Blechmannのカスタムはスケッチや図面から始めません。

むしろ彼は目の前のバイクのプロポーションをじっくり考察しながら、自分のアートワークをそのままカスタムに落とし込みます。。

彼は自らそれを「迅速なプロトタイプ– Blechmannスタイル」と呼んでいます。

そして「Blechmann R18」と呼ばれるこのカスタムジョブは、元のフレームと純正のBMW R18のマウントポイントをそのまま維持し、ベースモデルの基盤となる伝統的なデザインを強調する美しいフルフェアリングを追加します。

最終的なレンダリングは、細く、スポーティで、より贅沢な手仕事です。

忘れてはならないのは、BMWの象徴的な形のグリルと、クラシックなBMW モタードの白いピンストライプで飾られたなめらかな黒の塗装から着想を得た、目を引くヘッドライトです。

以前のBMW R nineTのカスタマイズ(ギガールと呼ばれる)と同様にBlechmann R18は間違いなく名作です。

しかし、派手な一作目とは異なり、Blechmann R18はより静かなでゆったりと、高貴な獣のようです。

特別なバイク
YABAIBAIKUをフォローする
YABAIBAIKU

コメント

タイトルとURLをコピーしました