誰でも出来るバイクのチェーン交換の方法を動画で解説!

バイクにおいて、頻繁にメンテナンスするべき項目に、チェーンがあります。

チェーンは、種類にもよりますが、できれば5000~15000km毎に交換する必要があります。

伸び切ったチェーンは、燃費や安全性にも悪影響。実はチェーン交換はショップに依頼しなくても、自分でできるんですよ。

いざというときに困らないように、チェーン交換の方法を知っておきましょう。

今はチェーン交換に便利なグッズも売られていますよ。

バイクのチェーン交換の方法

D.I.D  チェーン 交換編

チェーンの交換方法を紹介していきます。

そこまで難しくはないので、動画も参考にしつつ、行っていきましょう。

なお、作業中、スプロケットとチェーンの間に手を挟まないよう、十分注意してください。

交換に必要な工具(かし丸君)

Amazon | D.I.D(大同工業)バイク用チェーン用品 かし丸君 ♯50系フルセット 二輪 オートバイ用 | チェーンカッター | 車&バイク
D.I.D(大同工業)バイク用チェーン用品 かし丸君 ♯50系フルセット 二輪 オートバイ用がチェーンカッターストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

まずは、必要な工具を紹介していきます。今回の主役は、チェーン交換作業を大幅に簡単にしてくれる、かし丸君です。

チェーン交換作業の効率を大幅にアップさせてくれますよ。

かし丸君本体

D.I.Dから販売されている、持ち運びに便利なチェーン交換用の道具です。

チェーン交換において、ほとんどの作業をカバーできるのが、かし丸君。とても便利なので、長い目で見ると、持っておいて間違いない逸品です。

カシメ・カットピン

チェーンの接合部分のピンを取り外すものがカットピン、しめるものがカシメです。

かし丸君のアタッチメントに付属しています。

U字ホルダー

かし丸君のカットピンやカシメピンを使用する際に使うアタッチメントです。

U字ホルダーの穴とピンが合うように使用しましょう。

ボルト

カットピンやカシメを締める際に使用します。締めるには、27㎜と19㎜のレンチが必要です。

圧力プレート(プレートフォルダー)

圧力をかけて、チェーンのプレートを引っ付ける際に使用します。こちらもかし丸君に付属しているアタッチメントです。

スパナ

かし丸君を使用する際は、強い力をかける必要があります。スパナがないと強い力で回せません。

かし丸君を使うには2本用意しましょう。

小小小見出し①:27mメガネレンチ

Amazon | 京都機械工具(KTC) 45度×6度ロングめがねレンチ 24×27mm M52427 | メガネレンチ
京都機械工具(KTC) 45度×6度ロングめがねレンチ 24×27mm M52427がメガネレンチストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

27㎜のレンチです。一般的なレンチと異なり、回しやすいような構造に。かし丸君を使用する際に使います。

19mメガネレンチ
Amazon | トネ(TONE) 超ロングめがねレンチ(ストレート) HPM05-1719 二面幅17×19mm | DIY・工具・ガーデン
トネ(TONE) 超ロングめがねレンチ(ストレート) HPM05-1719 二面幅17×19mmがDIY・工具・ガーデンストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

19㎜のレンチです。同じくかし丸君を使用するときに使います。

短めのタイラップ(2本)
Amazon.co.jp: TRUSCO ナイロン結束バンド(耐候性タイプ) 2.5×99 100本入 TRJ100B : 産業・研究開発用品
Amazon.co.jp: TRUSCO ナイロン結束バンド(耐候性タイプ) 2.5×99 100本入 TRJ100B : 産業・研究開発用品

いわゆる結束バンドです。コードなどを束ねる際に使用します。チェーンを仮止めする際に活用できる便利グッズです。

古いチェーンの切り離し

新しいチェーンをつける前に、まずは古いチェーンの切り離しから。かし丸君を用いて、外していきます。

かし丸君本体の穴と、チェーンのプレートを留めているピンが合うようにします。その際、進行方向側のピンを外しましょう。

そしてカットピンを用いて外します。

カットピンとプレートが直角になっていることをしっかり確認してから切断するようにしてください。

そして、メガネレンチを用いて、回してピンを外します。

あとから活用するため、ピンを抜いても、チェーンはバイクから取り外さず、そのままで。

新しいチェーンの取り付け

古いチェーンと新しいチェーンをタイラップで固定します。

古いチェーンを引っ張り、新しいチェーンを車体に通していきましょう。手を挟まないように注意してください。

チェーンのジョイント

余分なチェーンを、先ほどと同じ要領でカットしていきます。カット部分に目印としてタイラップを使用するとわかりやすいですね。

チェーンのジョイントリンク、シール、接続部にグリスを塗ります。ジョイントリンクにシールを付け、新しいチェーンの端と端を接続。表側からも、グリスをつけたシールを付けます。シールの上からフロントのプレートを付けましょう。

プレートの圧入

次に、プレートをしっかりと圧着します。

ここでもかし丸君のU字ホルダを活用。

カシメピンと圧入ホルダを使用して圧入してていきます。先ほどと同様、メガネレンチで回していきましょう。

プレートやシールを破損しないよう、優しく力をかけて。

ジョイントピンのカシメ

圧入後、ピンをかしめていきます。カシメピンをピンにあて、レンチで 回してかしめていきます。

前後両方を締めましょう。

チェーン寿命の走行距離

チェーンは、摩耗してしまいます。定期的に交換することによって、快適な走行をすることができます。

チェーンの寿命は、種類によっても異なりますが、シールチェーンの場合、15000~20000㎞、ノンシールチェーンの場合、5000㎞ごとの交換を心掛けましょう

シールチェーン

チェーンはプレートが重なった構造をしていますが、シールチェーンは、プレート間にグリスを保持する機構がついています。

プレートの隙間にゴムのような部品が入っていると、それはシールチェーン。

これにより、ノンシールチェーンと比べると長い寿命が期待できるでしょう。

主に250cc以上のバイクに採用されています。

ノンシールチェーン

シールチェーンに対して、グリスを保持する機構がないチェーン。主に小型の、250cc未満のバイクに採用されています。

軽量かつ安価なのが特徴です。

バイクチェーン交換時期の確認方法

バイクチェーンの交換時期について、一番わかりやすい目安が走行距離です。

シールチェーンの場合、15000~20000㎞、ノンシールチェーンの場合、5000㎞で交換するようにしましょう。

また、チェーンから異音がしたり、チェーン自体が波打っている、カシメピンが緩んでいるといった場合も交換時期。

普段からチェーンの状態に気を配るようにしていきましょう。

チェーンのメンテナンス

チェーンは、出来れば500~1000㎞に一度、または汚れてきたタイミングで洗浄、注油が必要です。

チェーンクリーナーで掃除します。シールチェーンの場合、シール部にクリーナーを吹きかけるイメージで洗浄しましょう。

ブラシでこすり、最後に注油です。

チェーンをショップで交換した場合の工賃は?

ショップでチェーン交換した際は、一般的には5000円程度で交換してもらえます。

それにチェーンの代金がかかってきます。

自分で交換する場合、初期投資がかかりますが、長い目で見るとお得でしょう。


バイクのチェーンも、定期的にメンテナンス、交換することによって調子よく走行することができます。

走行距離に応じた頻度で交換することで、バイクの性能を最大限引き出してあげましょう。

交換自体も、専用工具があるとそこまで難しいものではありません。手順さえ間違わなければ、誰でも交換可能。

最近燃費が悪い、バイクを買ってから一度もチェーンを見ていないという方!この際、チェーンのチェックをおこなってみてはいかがでしょう。

盗難保険とロードサービスのZuttoRide

保険は任意保険だけで十分と思っていますか?いいえ!それだけでは全く不十分なんです。

バイクの盗難は年々増えています。しかも鍵を掛けていても自宅に駐車していても盗難されます。その85%は2度と戻ってきません。これは人気の高いバイクほど窃盗団の餌食に!

そんな時に心強いのがZuttoRideです!

ZuttoRideはHONDA、YAMAHA、SUZUKI、Kawasakiのオフィシャル・パートナー。

ZuttoRideは
・バイクの盗難は最大300万円
・パーツ盗難は最大20万円
・鍵穴のいたずらは最大5万円
までカバーしています。

しかも任意保険にはないロードサービスも充実!万が一の事故や故障が起きた時も素早く対応してくれます。

何かあった時には遅いです!盗難に会っても大丈夫という心の保険が安心を与えてくれます。

修理
シェアお願いします❤
YABAIBAIKU

コメント

タイトルとURLをコピーしました