カワサキをベースにしたクレイジーな48気筒バイクがこちら!

サイモンウィットロックによって製造されたこのバイクは、48気筒、カワサキ製KH250の16種類のエンジンを備えており、3つのシリンダースタックに再編成されています。

全部で6つのジャガーEタイプディストリビューターが作動し、その力はBMWのトランスミッションを通過します。

そして極め付けは、このティンカートイと名付けられた、とてつもなく手間の掛かったバイクを始動させるためだけの75ccのバイクエンジンがあるという事です。

価格が8,500万円程で、このバイクは未だ実際に取引された事はありません。しかしながら購入は可能ですので、興味があればこの48シリンダーのカワサキをご検討ください。

バイクには「かろうじて」乗れると言うことで1トンあってもおかしくないこの車体は相当取り回しが大変だと思われます。

詳細については、Big Bike Ridersによる動画をご覧ください。

エンジン始動中から再生するようにしてありますので、そこまでもみたいと言う方は最初からご覧ください。

48 cylinder kawasaki, how it works, running after 5 years

あなたのティンカートイはこちらから購入可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました