2021のカワサキKX250!エンジン・フレームをリニューアル!

カワサキはKX250の2021年モデルでは、現行モデルよりもエンジン出力を向上、フレームをリニューアルすることを発表した。

All-New 2021 KX250 Product Walk Around

モトクロスバイクで常にオフロードレーシング界を牽引してきたカワサキ。そのカワサキがKX250の最新モデルでは、エンジン出力を向上、最大エンジン回転数も上昇し、さらにEスタートと油圧クラッチを採用するという。

KX250の最新モデルでは、エンジン出力が1.3HP向上。スイングアーム式(フィンガーフォロワー)バルブリスト機構により、旧モデルよりも高回転で走行が可能、カムプロフィールもより「アグレッシブ」な設計となった。

排気口も新たに設計。口径を広げ角度も変更、排気ガスの通りを良くすることで、エンジン出力の向上に繋げた。さらに、扁平ピストンクラウンを採用し燃焼室もリニューアル、エンジン性能を向上。

コンロッドを3mm長くし、カムシャフトの設計を変更、クランクケース内部の圧力バランスを改善することにより、エンジン内部における機械損失を低減。加えて、油圧クラッチを切り替えることで、クラッチの感触を改善、長時間のレースでも疲れを感じないようにした。

KX250最新モデルでは、Lounch Controlシステムを採用。ボタンを1度押すだけで、低トルク状態で最も効率の良いスタートが可能となる。

バイクのレビュー
YABAIBAIKUをフォローする
YABAIBAIKU

コメント

タイトルとURLをコピーしました