180万円のバイクが水に沈む!オーストリア人が湖を渡る!

バイクのスタント

オーストリア人のフリークメタルと彼の仲間は、湖のほとりに立って、対岸にある自分の宿舎にどうやって行くか考えました。

「水上をバイクで走るだけではなく、カスタムバイクを作ろう!」

カスタムバイクで水の上を走る

フリークメタルはネットで検索し、実際にバイクで水を渡った人々を見つけました。

水を渡るために必要なバイクを買うため、約15,000ユーロを支払いました。

そして、有名な物理学者で彼にこう伝えた。

水は時速70キロからコンクリートのように硬くなる。バイクの重量と速度は重要な役割を果たし、とりわけ、その浮力がどのように作られるかという問題です。

彼はこの問題に対し、重量を節約するために、すべての不要なパーツを取り除きました。

前輪を和らげるために、タンクも後部に置き、フォークには厚さ3ミリメートルのアルミ製のスキッドを取り付けました。

そのほかにも様々なカスタムを行い、残るは水の問題だけです。

オーストリアでは水の保護機関と環境機関との官僚制度が多く、この計画に向きません。

しかし、隣国ハンガリーではそうではありません。

小さな砂利池の所有者に許可を得て、彼はスタートラインに木製のランプを建てました。

また、失敗した場合を考え、彼とバイクを陸に戻すことができるダイバーを探しました。

ビッグショー

2018年5月12日は、穏やかな風がふく、気温28度、水温21度の素晴らしい日でした。

計画では、ランプの上に時速80キロで到達するため助走が必要です。

また、対岸まで350メートル以上あります。

3人の経験豊富な救助ダイバーと十数人の見物人がショーを待っていました。

エンジンを温めるため、湖のほとりを数回周ると、スタート地点、海岸から約50メートルの小さな丘に移動しました。

そこから彼は湖に向かって、いっきに加速しました。

前輪が水と接触するとすぐに、巨大な噴水が立ち上がりました。

彼ははまっすぐ操縦しましたが、物理学には勝てませんでした。

15m進んだ後、最後の水しぶきを上げ、バイクは水に沈んでしまいます。

Mit der Victory übers Wasser
Mit der Victory übers Wasser II

ライフジャケットとしても役立つエアバッグベストを着用していたため、彼は水面に残りました。

ダイバーはハーネスとリフティングクッションでバイクを岸に戻すのに結構な時間がかかりました。

Start und Bergung erfolgten über die gleiche Rampe. Am gegenüberliegenden Ufer ist die für die Landung vorgesehene Rampe zu erkennen

今、失敗した原因については議論中です。

体重?それともスピード?

スキッドの調整が問題だったのか、タイヤが問題だったのか、まだわかりません。

彼は、改造されたバイクで湖を渡りたかったのです。

最初の試みが失敗したとしても、彼はあきらめません!

 

バイクのスタント
スポンサーリンク

寝ている間に、駐車している間にバイクが盗まれたらどうしようと思ったことはないですか?
実際にバイクの盗難事件は年間約2万件にのぼります。
しかも検挙率は14.9%で大半のバイクは戻ってきません。
また発見されても無傷なことはほとんどありません。

そんなあなたに教えたいのはバイクの盗難保険サービスずっとライドです。

ずっとライドは
☑ バイク盗難で最大300万円補償
☑ パーツ盗難で最大20万円補償
☑ 鍵穴いたずら最大5万円補償

ロードサービスにも加入すると
◇ 24時間レスキューセンター・レッカーサービス
◇ 現場応急対応
◇ カギ開け
◇ ガス欠
◇ バッテリー上がり
などのサービスもあります。

選べるプランは18種類!

今ならキャッシュレス5%還元になります。

また、
◎ レジャー・宿泊施設割引
◎ バイクグッズがあたるプレゼント抽選会
◎ ツーリングミーティング・サーキット走行・レースなどのイベント優待
◎ 引っ越しや北海道、沖縄ツーリングのための陸送割引
◎ 一律3万円の入院お見舞金
などの特典もあります。

ずっとライドは親切丁寧、安心。またHonda、YAMAHA、SUIZUKI、Kawasakiのオフィシャル・パートナーでもあります。

ずっとライドはクチコミでも評判です。

YABAIBAIKUをフォローする
YABAIBAIKU

コメント

タイトルとURLをコピーしました