外国人が選んだハーレーより良い日本のバイク10選!

ハーレーダビッドソンは、バイカーにとって理想的なバイクとして君臨してきました。

少なくともアメリカでは、ハーレーダビッドソンは1903年に設立されて以来、市場に出回っている最も有名なオートバイのブランドです。100年以上経った今、ハーレーはその確固たる歴史と地位を築き上げました。

しかし、多数派が選ぶバイクが最高であるとは限りません!

現在アメリカでは日本のクルーザーバイクが人気担ってきています。今回は市場その中からトップ10をご紹介します!

Kawasaki Vulcan 900

カワサキには多くバイクのラインナップがあります。ジェットスキーやATVもまで。そしてその最高傑作の一つがVulcan900です。

2006年に発売されたカワサキのVulcan900は、ハーレーとサイズがほぼ同じです。両者の最大の違いは、Vulcan900はハーレーと比べてより馬力と重量があることです。

欠点はといえばハーレーほど速くないことですが、Vulcan900はその欠点を補う走行性とコストパフォーマンスがあります。

Yamaha Star Venture

カワサキバルカン900はスピードよりも強度と頑丈さを優先しますが、ヤマハスターベンチャーは2つの機能の完璧なバランスを持っています。 強度に関して、スターベンチャーは1854ccのVツインエンジンを搭載しています。

速度に関しては、速すず、遅すぎず丁度良いといえます。 繰り返しになりますが、前述したように、あらゆる意味で完璧なバランスが保たれています。

Honda CMX Rebel S

世界的なメーカー、ホンダもチェックしましょう。

ホンダの最高の作品の一つがCMX500 Rebel Sです。

471cc並列2気筒エンジンを搭載したRebel Sは、日本のクルーザーバイクの素晴らしい要素をすべて備えています。

ほとんどのブランドは、競合他社よりも強力で高速であることに非常に関心を持っています。このRebel Sにはそれと違ったスタイルがあることが新鮮です。

Honda Magna

CMX500Rebel Sが、ホンダブランドが日本のクルーザーの世界で最高のバイクの1つである理由が納得できなければこのMagna750がオススメです。

特にこのモデルでは、スポーツバイクエンジンのおかげで、スムーズなドライブで日本のクルーザーの魅力を発揮しているといえます。

日本のクルーザーバイクは外観にそれほどスムーズなクルーザー感がありませんがMagna750はそれを持ち合わせています。

Yamaha Bolt R-spec

ヤマハをもう一度チェックしましょう。Star Ventureはヤマハのラインナップの中で1番のクルーザーバイクとは言えません。むしろこのBolt R-Specが1番です。

2013年に発売されたこのモデルは、最初のリリース以来、942cc空冷4ストローク4バルブSOHCVツインエンジンを採用しています。

最新の2020モデルは、特に942cc4バルブ空冷SOHCVツインと5速TCIを搭載しています。 素人目線から言わせてもこれは「速い」です。

Suzuki VS1400 Intruder

先に言っておくと、これは、このリストに掲載されるスズキの最後のクルーザーバイクではありません。

スズキが日本で最高のクルーザーバイクを生産していることについては、たしかに一理あるといえます。

そしてそれを証明する一台がこの美しいVS1400だということは間違いありません。

Suzuki Boulevard M50

スズキが素晴らしいクルーザーバイクを作るメーカーであることを証明できるもう一台が、スズキBoulevardM50です

高度なインジェクションを備えたVツインエンジンのため、見た目がよりもはるかに力強いことは間違いありません。

筋肉質なマッスルクルーザーですが、その馬力はスピードとして最大限に発揮されます。

Honda Shadow spirit 750 C2

このリストを完成させるにあたってShadow spirit 750 C2は欠かせません。

その理由はハーレーダビッドソンのより重く、遠い従兄弟のように見えますが、スムーズな乗り心地は言うまでもなく、サイズと重量感から考えられるよりもはるかに軽く、乗りやすいです。

その結果、ほとんどのユーザーが運転前の予想を「良い意味で」裏切られることになります。

Suzuki C90T

私たちは今日現存する最高の日本のクルーザーバイクの1つであるスズキC90Tをチェックする必要があります。

クリーンなシャフトドライブと5速トランスミッションを備えたVツインエンジン、快適で革のようなシート、そしてそれに対応するように採用されたされた大きなフロントガラスがあります。 

ロングツーリングにも最適な日本のクルーザーバイクの集大成とも言えるでしょう。

Suzuki M109R B.O.O.S.

このリストに掲載されている見事なスズキのラインナップを締めくくるのは、このスズキM109R B.O.S.Sです。

このバイクは実質的にB.O.S.Sです。 ラスボスと言って良いでしょう。このバイクはなんと128馬力のVツインエンジンを積んでいます。

言うまでもなくハーレーライダーが渇望するスタイル、走行性、パワー。間違いなくボスにふさわしいバイクと言えます。


いかがでしたか?海外勢の目線からすると日本のクルーザーバイクにはハーレーを凌駕する魅了があるようです。

スタイルよ良し、性能良し、タフネス感良しと今後さらに日本製クルーザーが評価されること間違いなしです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました