ジェームズ・ボンド主演の「007シリーズ」映画に使われたバイクとは?

「No Time to Dieのリリースは9月まで延期されました。

かの有名なジェームズ・ボンドは、スパイ活動、殺人、壮大なスタントで作られた新しい冒険で2020年4月に私たちを魅了することになっていました。

しかし、コロナにより、映画館はほとんどのヨーロッパ諸国、あるいはほとんどの国で閉鎖されており、「No Time to Die」のリリースは、秋まで延期されます。

英国のバイクブランド「トライアンフ」は、基本的に「Mourir Can Wait」(タイトルのフランス語版)で英国のエージェントによって使用されるバイクであるスクランブラー1200 XEの限定シリーズを提供することができました。

かし、黒の塗装がされたボンド版は、わずか250部しか制作していません!

ある伝手を使い、写真を入手しました。

このオートバイには、多くの黒色仕上げが施されています。特に、陽極酸化マッドフラップ、フォーク、スイングアームおよびピニオンハウジング、助手席ハンドル、後輪調整装置などです。

側面には「007」ロゴ、フロントライトグリル、追加のフォグランプ、金色の反射を表示するエンジン壁のバッジ、ファイバーエンドキャップ付きのArrowブランドの排気口もあります。カーボン、ロゴが刺繍されたプレミアムサドルもついています。

エンジン、電子機器、および足回りは、技術的には標準バージョンのものです。

トライアンフ、ニック・ブロアのCEOからの署名入りの手紙に加えて、特別な革袋と「ブランド」オートバイの保護カバーで受け取るこのスクランブラーをすでに注文できるようです。

映画では、「ジェームズ・ボンド」によって操縦されているスクランブラー1200(カスタマイズ)だけでなく、トライアンフ タイガー900sもあります。乗っているのは「悪役」です。

映画の前の食前酒として、「No Time To Die」の撮影中に昨年記録されたアマチュアビデオのアマチュア編集があります。

彼らは、元エンデューロ世界チャンピオン(4タイトル)のイギリス人ポールエドモンドソンによって実際に作られた信じられないほどのことを示しています。

マテーラの旧市街(イタリア)の壁にある入り口だけがコンピューターで作成され、映画の滝用に建てられたランプの代わりになります。

これらの画像から、使用されているオートバイはスクランブラーではなく、単一シリンダーのエンデューロオートバイで構成されているように見えます。

実際の条件でこのジャンプを実行できることは、すでに並外れたものです。

トライアンフのバイクの重さ(220 kg以上)は、確かにこの非常に危険なスタントを複雑以上のものにするでしょう!

James Bond – No Time To Die: Bike jump onto square, Matera, Italy (new version)
バイクのスタント
YABAIBAIKUをフォローする
YABAIBAIKU

コメント

タイトルとURLをコピーしました